依存症か否か?パチ・スロで勝ったお金の使い道

どうも。

パチ・スロというのは、勝った負けたを繰り返し、非日常な金銭の出入りに一喜一憂する、という楽しみも個人的にあると思います。

平均的な年収だと、「一日働いて2万円稼げる」という人は稀であると思いますが、パチ屋において「2万円勝って帰る」という人は割りといますよね。逆もまた然りですが。

今回は、そんな非日常な大金を手にした際、どういった使い方が出来るのか?ということに焦点をおいて語りたいと思います。

勝ち金の使い道はただ一つ!

一般人の場合だと…

ここで言う一般人は、パチ屋にはそこまで頻繁に行かない人のことを指します。月に1,2回程度と仮定しましょう。

この人達は、普通に働いても手にしないような大金を得ることが出来れば、これまで我慢していた自分の欲しかった物や、普段できないような贅沢品に迷うことなく使うことが出来るでしょう。

普段の生活に使う自分のお小遣い以上に、お金が余るんですから、「せっかくだから我慢していた欲求を満たすために使おう」となることは自然な流れなんです。

普段「我慢していた欲求」という言葉を使うことは自然ではありませんが。笑 良い言い回しが思いつきませんでした。^^;

これが依存症となると…

今度は普段からパチ屋に入り浸る、ヒマさえあればパチンコやりたいという人ならどう使うことが出来るでしょうか?

せっかく得た大金を自分のことに使えるでしょうか?

…ほぼ間違いなく「次の出撃の為の軍資金においておく」という発想にたどり着くはずです。

以前(ギャンブル依存Lv.MAX時代)の僕の考え方だと、軍資金が無くなるということが不安でしかなかったので(=今月はパチにいけないとなってしまうので)出来るだけ贅沢はせず、一枚でも多くのお札を残すことに専念していたことを覚えています。

結果やはり、無くなってしまうんですけども。^^;

非常に無意味なループ

  1. 給料日覚悟を決めて、使ってはいけない支払いのお金から軍資金を用意する。
  2. なんとか勝つことが出来た。
  3. 無くなった時の為に多めに残しておく。
  4. 負ける。
  5. また負ける。勝ち金に手を付ける。
  6. 無くなる。次の給料日まで停戦。&来月まで支払いを待ってもらう為、来月の支払い二倍w

まぁこんな感じのループを延々と続けていた時期もあります。待ってもらう支払いは数社ローテーションで。

客観的に見るとすぐにわかると思いますが、こうなるぐらいなら最初から普通に支払いをしていた方が事態は良い方向に向かう、というのは理解できるはずです。

もしあなたが、昔の僕のように無意味なループを続けている真っ最中である、というのであれば即刻やめたほうが良いですよ、マジで。

まとめ

あぶく銭は身につかない、とは良く言ったもので、焼肉行こうぜだの、ソー○行こうぜだの耳にしますよね?まぁ人それぞれなので…とやかくは言いませんw

一般的にはこういった欲望に忠実に生きる人が多い中で、ギャンブル依存症の人はパチ屋に行くこと自体が欲望を満たすということになっているのか、それ以外をしようとしないので非常にもったいない気がしないでもないです。

何かしら得ることが出来ればそう感じることも無いのでしょうが、パチ屋に入り浸れば、ほぼ借金しか残らないというのは少し切ないですね。

何が言いたいのかわかりづらい感じになりましたが、今度勝てたら、何かパチ・スロ以外にお金をつぎ込んでみてください。

何かしら見えてくるものがあるはずです。(とりあえずこの記事では投げましたw)