電サポ抜け保留、消化の仕方を変えればめっちゃボーダー下げられる件

2017年7月20日

どうも。

最初に言っておきますが、この記事は言い訳のために作成しました。毎度すいません。

と言いますのも、このブログで度々話題にしてきた甘海の電サポ抜け保留の消化云々でボーダーが下がるという件について。

考え方は間違っちゃいないないんですけども、やり過ぎ感があり、今考えると「なんでこうなったのか?」という説明がつかなかったわけです。

めっちゃ気になって新記事どころじゃなくなったんでもういっそ記事にしてやろうと思いここに至ります。

甘デジ電サポ抜け保留について

ことの発端はコレ

まぁいつものように過去に書いた記事の誤字やら意味不明な文章の修正をおこなっていたんですが…その時に見つけてしまったわけですね。

以下スクリーンショット↓

ここまで↑

マウスカーソル思いっきり写ってますがお気になさらずw

上の画像は、当ブログのこの記事になります。

…ちょっとひどくないですか?自分で言うのもなんなんですが。「期待値は一緒です」としておきながら「ちょっと誤差がありますね」とか言ってることがメチャクチャですね。

多少ズレるのはまだ良い。ズレすぎではなかろうか?ww

最近使ってる箇条書きなんかを入れて一旦記事更新したものの「やっぱりコレじゃダメやろ…」と原因を追求しようと思ったわけです。

何が悪かったのか?

甘デジにおける8回転の大当たり確率?

電サポ抜け後の8回転の大当たり確率が高すぎたのか?と改めて計算してみましたがやはり間違いではありません。

小数点第4位までで7.81%ぐらい。それよりもっと細かく計算してみても7.73%ぐらいでしたのでそれほどのズレはありません。

継続率の合成の仕方?

次に純粋な継続率、上の記事では甘海の話でしたのでST+時短の継続率と、この電サポ抜け後保留8回転分の大当たり当選確率の合算の仕方が間違っているのでは無いか?という疑問が浮かんだわけです。

…まぁもう回りくどいのがめんどくさくなったんでコレです。原因コレでした。

ST+時短両方に7.8%の当選確率を上乗せしちゃってたんですね。

今考えるとひどいですね。><;

つまりどういうことかと言いますと、「電サポ抜け」という状況は「時短終了時」にしか起こり得ないことなのに「ST終了時」にも一旦8回転の電サポ終了タイムを増設してしまっていた、ということです。

「わけわからん」という方はもうそのままで大丈夫です。僕もわけわかりません。…嘘です。期待値を無駄に上乗せしてしまっていた、というニュアンスだけ理解していただければ大丈夫です。

正しく計算するとコレだけ違う!

…まぁ色々正しく計算してみるとこんな感じになります。ここからが電サポ抜け後保留の『ボーダー数値を下げられる』消化の仕方と計算方法です。めっちゃ大事な話になります。

当ブログでは沖海4甘の元々のボーダーは19.21/kとしています。再度説明しますが、ここから電サポ抜け後保留の消化の仕方を変えてボーダーを下げるということですね。

やり方は簡単、「電サポ抜け後の保留を消化する際に打ち出しを一切行わない。」これだけです。

こうすることで上で求めた8回転分の大当たり期待度である7.8%の継続率を純粋な継続率に上乗せ出来るということです。

で、ボーダー算出の方法なんですが僕のようなミスをしないために以下のことは守るようにしてください。

  • 確変(ST)の振り分けには継続率を上乗せさせない。
  • 継続率を上乗せさせるなら、通常回転数から電サポ抜け後保留分は除外する。

この二点ですね。

後者は当然のことなのでまぁ置いといて、前者についてはどういうことかというと、甘海だったらST中に当選する分に関して考慮から外すということです。

ST時当選分以外の考慮すべき割合というのが100-41.32%(ST中当選確率)=58.68%となります。

これを8回転分の大当たり当選確率と掛ければ良いんですね。

7.8×0.58=4.577%が上乗せすべき電サポ抜け保留の当選期待度ですのでこの数字と、本来の継続率を合算したものが実質継続率になります。

60.02%と4.577%の合算は61.86%となりますので2.66連が平均連チャン数になります。

期待出玉が本来は1300個だったものが、1363.44個になります。ボーダーは18.31/kですね。

およそ1回転分お得になるというわけです。

まとめ

ただの言い訳記事となってしまったのと、少し説明が雑になってしまったのと色々不安の残る記事となっていまいましたが大丈夫でしょうか?w

今回は例として沖海4甘で計算してみましたが他の機種であっても{1-確変(ST)当選期待度}の数値を求めることで応用することが出来ます。

確変・ST当選期待度の低いものの方が掛け合わせる割合が大きくなる分、影響は大きいですね。

ただ注意点として、7.8%の当選期待度があるのは甘デジのみです。初当たり確率が重くなればそれだけ当選期待度は下がっていきますので実際に効果があるのは甘デジぐらいだと個人的には思います。

実戦頻度の高さ=試行回数を重ねられる場合というのはまた別のお話になってきますが…・

時間効率云々もありますので、お好みで実戦ください。

この度はお騒がせして申し訳ありませんでした。