ハーデス、ボーダーのラウンド振り分けについて少し補足

2017年7月21日

どうも。

今回は、少しわかりにくかったかな…というか普通になんのあれも無く、ただ淡々と説明してしまったラウンド振り分けの考慮の仕方についての補足を。

記事タイトルにもありますようにハーデスのボーダーを取り扱った際の話ですね。

まだ見ていないという方は、一度ご覧k…この補足に目を通してからの方が良いですかね?w

一応リンクは貼っておきます。

この記事のラウンド数振り分けについて解説していきます。

ハーデスラウンド数振り分け色々

まずスペックを確認しましょう

もう一回書くのもめんど…アレなんで自分が一度書いたものを丸々持ってきます。

ヘソ大当たり時…
(確変/通常)で書きます。

6R  (  8%/ 9%)
9R  (18%/11%)
12R (27%/11%)
16R (12%/  4%)

控え目ではありますが、通常時からも16Rが現実的な確率で狙えるということに加え、最低出玉も6Rでそこまで少なくないので、出玉感はある程度ありそうです。

電サポ中

6R  (16%/17%)
9R  (12%/ 9%)
12R ( 9%/ 3%)
16R (28%/ 6%)

ちなみに平均すると、ヘソ電チュー共通で10.75Rが大当たり一回あたりの期待ラウンド数です。シンプルに打ち出し個数をカウント数のみとして、1R140個獲得できるとすると1505個が大当たり一回あたりの期待出玉になります。

引用:新基準機最も勝ちやすい『神』スペック!?GODシリーズの名に恥じない規制の抜け道とは?

こないな感じになっとります。

最低でも6Rは獲得出来るという点、覚えておいてください。

…期待ラウンド数は?

またボーダー計算記事に戻りまして初回ヘソ確変の場合を見てみますと…。

それぞれ0.48R:1.62R:3.24R:1.92Rとなります。なので全部足していくと初回確変時は7.26Rの獲得となります。

https://ksukelife.com/pachi/post-1129
から抜粋

なんの説明も無いと「アレっ?」ってなりません?w

これだとイメージし辛いかと思いますので決定的なヘソ通常時を見てみますと。

ちなみに後で改めて計算しますが初回通常時は0.54R:0.99R:1.32R:0.64Rとなり3.49Rです。確変時と合わせると平均R数の10.75Rになりますよね?

https://ksukelife.com/pachi/post-1129
から抜粋

「平均」と言っているにも関わらず、最低の6Rを下回るラウンド数となっています。

ボーダー計算に慣れていない方はここで「?」を浮かべ「やはりこいつは信用出来ない…」となってしまったのではないでしょうか?><;

まぁ今まで色々やらかしてきましたが、これには深い事情があるんです。ここの説明を省いてしまったので補足という形で解説していきます。

実際のラウンド数は?

では実際に獲得出来るラウンド数とはどのようなものなのか、見ていきたいと思います。さっき例に出したヘソ当選時の確・通だけ、ざっくり計算してみますと、

  • ヘソ確変時は、約11.17Rが平均ラウンド数
  • ヘソ通常時は、約9.97Rが平均ラウンド数

こんな感じになります。

「やっぱり全然違うじゃない!」と思われたあなたも、納得していただけるように下手くそなイラストでもって解説します。

上記の場合だとこんな感じのイメージです。

 

「確変時の袋」・「通常時の袋」と完全に2つに分けた状態での計算ということですね。

つまりわかりやすく言い換えますと、大当たりに当選して確変・通常どちらかが判明した時からの数字です。

例として、確変だと判明したとすると「さぁこの確変は一体何ラウンド取れるんだい?」と聞かれた際の数字だということです。

…わかりにくいですかね?w

この状態だと、初当たり1回あたりの期待出玉は算出することが出来ません。

「どうすれば良いのか?」、と言いますと個別に分けられた袋では無く、大当たりというひとくくりの袋にぶち込んでやれば良いのです。

この状態にしてあげることで、初当たり1回あたりの平均出玉を求めることが出来ます。

「確」・「通」それぞれの袋を「100%」に収まるように圧縮してあげれば良いわけです。

つまり個別に分けて出した数値に、それぞれ「65%」と「35%」を掛けてあげることでそれが可能になるということです。

後書き

今回…というか前におこなったボーダー計算では、それぞれに「65%」「35%」を掛ける、という計算を省くために最初から当選内訳の数値を掛けていました。

その為実際の数値よりも少し低くなってしまう、というわかり辛い事態となってしまいました。

次回また計算するようなことがあれば、ちゃんと注意書きしておきます。すいませんでした。

ちなみに、ボーダー計算時算出した期待平均ラウンド数を実際の平均ラウンド数(それぞれ個別に分けた場合)に換算したい場合は以下で出来ますので必要に応じてどうぞ。

  • 確変の場合:平均R数×1.5384
  • 通常の場合:平均R数×2.8571

まぁめんどくさいですよね?僕もですw

計算の意味は、
65%・35%に圧縮したものを元に戻しているだけですね。(100/65%or35%)

今回はこんな感じでした!