【パチンコ】他人と差をつける勝てる台の選び方と店の選び方のコツとは?【パチスロ】

2016年3月21日

これらは、パチ・スロ共通の話になります。

基本的な技術・知識などは出来るだけわかりやすく、お伝えしていきたいとは思っとるんですが、も~っと初歩的なことで重要なことがあるんです。

これをやってなかったら、どんだけレベル上げようが全くの無意味となってしまうんで、少し大げさに思うかもしれませんが、まぁ聞いてやってくださいね。

では、勝つ上で必要になってくる台選びと店選びのお話をさせていただきます。

失敗しない台選び・店選び

やっておかないと損をする!

まずは台選びについてですね。

パチンコの「ボーダー理論」についてパチンコでやってはいけない立ち回り、やっていくべき立ち回りで考えた際、理論上勝つということが我々打ち手にとって必要であると述べました。

この理論上勝てるかどうかを検証するには、事前に台のスペックを把握しておくことが必要ですよね?

また台のスペックといっても様々あり、それぞれの特徴を把握しておく情報力が必要です。

荒い勝負を避けたいなら

できるだけ収支を荒れにくくするように、なるべくラウンド振り分けの少ない台、潜伏確変などがある台もできれば避けたいですね。

こういう台だときちんとボーダーを計算で出そうとするとややこしいんで。めんどくさいんで。嫌いなんで。僕はシンプルが良いです。海が好きです。

パチスロだと大事なことこんなに…

ゲーム数管理なのか、小役重複メインなのか。

それに加え、天井のゲーム数、恩恵なんかも一応頭に入れる必要があります。また台を選ぶ上で設定判別要素はある程度ほしいですね。

あまり判別要素が強すぎるとそれだけ競争率が上がりますが。
”バジリスク絆”なんかが特にわかりやすかったかと…(地域にもよるかもですが、朝1から座る人多いですよね。^^;)

全ては「バカ」を見るのを防ぐ為

パチでボーダー22/k(○/kとは1k円=1キロ円=1000円となり1000円当たりの回転数です。ネットでよく使われている表現ですね。クセで使ってしまいます。笑)の台と知らずに、「21/kも回る!」と飛びついたり…

(すごいバカっぽいですが実際には気付いて無いだけで実は、多くの人が経験済みですよ。割と。)

スロで「あんまりよくなさそう、ちょっと移動しよう。」と
ゾーン手前でやめちゃったり…(これは完全にやっちゃダメなやつです。)

極端な例ですが、こういう「バカを見る」ことを避けましょうって事です。

「好き」で勝てれば皆勝てる

また、はっきり言ってパチ・スロ共通で「打ち手が絶対不利だろ…^^;」って台はあります。

好きだからって理由で台を選ぶのではなく、打ち手ができるだけ有利になるスペックや、出玉の把握・設定判別のしやすいスペックなど、これらを優先していきたいですね。

まぁ他にも時間効率だとか技術介入とか解析されてない新台とか…言い出したらキリがないのでとりあえず台選びはこの辺で…><;

次は、店選びについてです!

一秒でわかる、避けるべき店選び

店選びについては実にシンプル!「ボッタ店」に行かない!

以上です。^^

これはどういうことかと言いますと、近所にパチンコ屋さんがあまり無いとか…そもそも地域でかなりきついところもあるようですが。

そういう状態のなかで、「ここしかないし…」とあきらめてしまうと、お金をどぶに捨てながら、ストレスを溜めに行くという…

「ほんと、なにがしたいんスか?」
って状態になりますよね?^^;

間違っても、「ホールがなにか悪いことしてるんだ」とは思わないでくださいよ。

どれだけ調整を厳しくしても、どれだけ低設定しか使ってなくても、のこのこやってくる人がいてくれるなら、どうでしょうか?あなたがもし仮に店長だったとすればです。当然そのまま営業しますよね?

そういった状況(ボッタ店がボッタ店であり続ける状況)を作ってしまっているのは、打ち手のせいでもあることは理解していてくださいね?

浮かび上がる選択肢とは?

できるだけボッタ店を避けて、情報力をつけて近隣で優良ホールを見つけるように心がけたいですね。

「どうあがいてもボッタ店しか周りに無い…」そんな恵まれない地域のあなたは残念ですが、行かないほうが懸命です。

ほんともったい無いですよ。夢も希望も無い、お金をドブに捨てに行っているだけです。(大事なことなので2回言いました!)

行かないことで、お金は貯まるわ、ボッタ店は潰れるわ、良い事尽くめじゃないですか?(笑)

まとめと次回記事概要

…とまぁくだらないことばかり言ってきましたが、お付き合いいただき僕は非常に喜んでおります。ほんと、ありがとうございます!!

次の記事では少し、店が利益を出す仕組みについて考えてみようと思いますのでそちらもぜひご覧いただけたら幸いです。