絵心・技術必要なし!(半)自作で萌えキャラを作成する方法~髪の毛編~

2017年9月13日

どうも。まだまだ続けますよ。(意地)

「そういや、元画像と比較してるデフォ立ちの絵が無いなぁ」と久々Inkscapeを立ち上げて作ろうかと思ったんです。

そこで見つけちゃったんですよね。カチューシャの位置がズレているんですね…。最終調整分の。(服が元と同じものの。)

先日記事内でアップした画像もヘッダーで使ってるやつも全部ズレてます。アホ毛(ぴょこんと出ている毛)の影も色が黄色くなっているし…。

「誰が気付くんよ?」レベルの話ですが、こういう調整ミスは気をつけておかないといけませんね。(自己満足的な話)

さて、今回は髪の毛を作成していきます。

髪の毛作成手順

本来なら先に、顔の各パーツと輪郭を作りたくなるところでしょうし、実際僕も、顔→頭の順番で作ったんですが今回は髪の毛を先に作成します。

理由は、ペンツールのスクリーンショットが髪の毛しか無かったからwなので次の記事で顔編をやりますので、サラッとこちらを読んでから、顔編へという流れでもよろしいかと思います。お好みで。

知っておくべき特徴

本題に入る前に、Inkscapeの特徴について解説します。

パソコンで色々な文書やイラスト(年賀状とか)を編集したことがある方ならイメージしやすいかと思いますが、Inkscape編集画面には縦・横・奥行きが存在します。

基本的には、描いた順番で重ねられていく、つまり一番新しく描いたものが最前列とされるのですが、この順序を自由に編集することが出来ます。

例によって例をご覧いただきましょう。

左側の矢印で指している部分気になりますよね?顔・頭から作成して服を最後に作成するとデフォルトだと左側のようになります。

髪の毛がぶっ刺さってしまうのは不自然ですので服を選択した状態で「オブジェクト」項目内の「背面へ」を選択すればきれいに収まります。

他に、髪の毛においても前髪は最前面、ツインテール部分は最背面というようにパーツごとにも配置に気を配ればより自然なキャラが仕上がっていくというわけですね。

では、本格的に作成します。

髪の毛の構成

まず髪の毛がどのような感じで作られているかを把握します。

切り出していくパーツとしてはこのような感じです。

  1. 後頭部・耳より後ろ
  2. 頭頂部・耳より前(及び側面?)
  3. 前髪
  4. 前髪(顔の前面に来る部分)
  5. 付属品(アホ毛・カチューシャなど)

ざっくりこんな感じです。色分けしてみるとこんなん。

さらにバラしてみますと、こんな構成になります。

こんな感じでパーツごとに切り出していき、重ねていきます。見えない部分をイメージで補完しないといけないので最初の内は戸惑うかもしれませんが、結局見えませんのでw気にしすぎないで大丈夫です。

ペンツールの使い方

次にペンツールの使い方(スコ流)をご紹介します。…と言っても素人なので参考程度にw

今回はツインテール部分の切り出しを見ていきます。

最初は、Inkscapeサイドメニューから「ペンツール」を選択して輪郭線から適当にざっくりノードを打っていきます。

髪の毛内側の細かい描写や影などは、後でペンツールで描いたほうが作業しやすいです。

適当に配置出来ましたら、サイドメニューから二番目の「ノードツール」を選択します。微調整の始まりです。

「(実際問題)まだ付け根の部分とか、髪の毛先端とか気になるなぁ」となればさらにノードを追加したり削除したり、線を引っ張ったりしながら輪郭線に沿わせていきます。

付け根の部分は、少し多めに取っておいたほうがアクションを加える際、隙間を気にする必要が無くなりますのでGOOD!

線上をWクリックでノードを追加出来ますがデフォルトだとシャープノード(尖るやつ)になります。あまり多用しすぎるとカクカクした感じになりますので、出来るだけ頂点にだけ置いていくことと、丸くしたければ…

ここでスムーズノードに変えられます。円に近いものだと2つ右隣のオートスムーズにすれば勝手に丸みを帯びてくれますが、あんま良くわかりませんw

要素の中を切り抜く

まずはこちらをご覧いただこう…

なんの変哲も無いただの丸です。ですが背景を重ねると…。

お分かりいただけるだろうか…?

左側は、中央が白いままなのに対し、右側は背景色が透過しています。左側のままだと背景色が変われば違和感を感じてしまいますよね。

より自然なイラストにする為に、くり抜き部分も透過させていきます。

「SHIFT」キーを押したまま外側の丸と、内側の丸を同時に選択して、「パス」項目内にある「排他」を選択します。

そうすることで外側の丸と内側の丸の間にある空間のみが残りドーナツ状になるということです。

なので髪の毛の話に戻しますと、

  1. 輪郭線を描く
  2. 半月状のくり抜き部分を描く
  3. 2つを選択後「排他」

このようにすれば、きれいに仕上がります。ちなみに内側のパスをいじればこんなことになります。

なんかシャレオツなロゴとか作れそうですね。(棒)

重ね合わせていきます

なんやかんやで応用しながら切り出していき、使いまわせそうなところは「複製」して「左右反転」させて使いましょう。

冒頭で説明した順番通りに重ねて行けば、髪の毛の完成となります。

大変なようですが、慣れてくればちょちょいと出来ますので、上手くいかなくてもあきらめずにInkscapeをいじくりたおしていればコツが掴めるようになるかと思います。

素人が言うのも何なんですがw

それでは、お忘れの方の為に髪の毛パーツを重ねる順番をアニメーションでご説明しこの記事を閉じます。

 

ホバー(スマホだとタップ)で一時停止出来ますのでご活用ください。(不必要感ありまくりですが) 次回は顔の作成をしていきます。