糞ゴミと話題のエヴァ12のスペックとボーダーを解説します

2017年10月28日

更新して間もなく見られた方へ…。

大幅に内容を修正致しましたのでご確認ください。混乱を招き申し訳ないです…。計算結果自体は奇跡的にあんまり変わってませんが。※ここまで追記

どうも。

今回の記事は少し攻め気味に書いていきます。

それは別に僕が日本酒片手に書いているからとか、そんな理由では無く、純粋に怒っているからです。オコです。激オコです。

エヴァ12とは…先日(当月23日)ですか。エヴァシリーズの最新作として導入されたようで、実戦動画も拝見させていただきました。

その中で「回転率は1000円で二桁もいかない…」とおっしゃっておられたのでまず1オコ。

スペックを改めて調べてみまして、どこもかしこもボーダー20.5/kという記述。2オコ。

ぱっと見で、明らかに牙狼GS翔を上回らんだろう、というスペックで22/k前後のGS翔をぶち抜いて20.5/k。

もう3オコ溜まってブチ切れですよ。

もし万に一つもBistyさんの目にこの記事タイトルが止まることがあれば、最後にしっかりフォローしますので削除依頼とか寄越してこないでくださいね。(切実)

…と、この時の僕はまだこんな計算結果になってしまうとは思いもしないのであった…。

エヴァ12スペックとボーダー

スペック概要

それでは、スペックを見ていきましょう。

今回のエヴァ12は振り分けが結構多いのと、アタッカーも羽根タイプと通常タイプの2種類搭載されていますので少し長いですが…

初当たり確率1/319.7
高確率(確変時)1/42.7
賞球4&1&4&10(羽根)&12 
 カウント10C(羽根)9C( 右) 
 時短/実質継続率100回/70.76% 
 内訳(ヘソ)15R確変(羽根): 5%
4R確変  (羽根):35%
2R確変(出玉無し):20%
15R通常(羽根):40%
 内訳(電チュー)15R確変( 右):45%
15R確変(羽根): 5%
15R確変(羽根): 2%
12R確変(羽根): 2%
10R確変(羽根): 2%
  7R確変(羽根): 2%
  5R確変(羽根): 2%
15R通常(羽根):40%
※青字はランクアップ
 出玉(払い出し-1個)15R( 右):1485個
15R(羽根):1350個
12R(羽根):1200個?
10R(羽根):  900個
  7R(羽根):  630個
  5R(羽根):  450個 

内訳の()内はアタッカーの種類です。某掲示板を参考にしましたが、ランクアップボーナスの12Rについてはなぜか払い出しと同じになっていました。誤植でしょうね。

まぁ振り分け2%だしさほど影響ありませんし(むしろボーダー上がってしまう)もう計算しちゃった後なんでw

右打ちの際の出玉について、牙狼GS翔と比べると明らかに劣るのはおわかりになるかと思います。

あちらが、100%1872個なのに対し、エヴァ12は一番出玉の多い右アタッカー15Rでも1450個しかありません。

継続率の2~3%程度のアドバンテージをこの出玉で守れる気はしません。まぁループ機なので確変終了時出玉は付いてきますが、これだけで牙狼よりボーダーが下がるわけないですよね?wwwまた時間ある時にもう一度検証してみても面白いかもしれません。(やるとは言ってないw)

ちなみに牙狼GS翔のボーダー計算はこちらになります。

→【推定ボーダー数値判明】ガロ新台(金翔枠)「GOLDSTORM翔」の攻略前に知っておきたい実質スペック

ボーダー計算方法

質問:当ブログで、ボーダー関連の記事を見るのは初めてですか?
(初見の方へ注意書きがあります。)

yes

no

注 意

  • 基本的に当ブログでは「回転率○/k」という表記を使いますが、「○千(k)円当たり○回転」の略です。
  • 計算中は精度をそれなりにするため少数点第4位までは計算してます。より精度を上げる為それ以下も使う時もありますが、基本は切り捨ててます。
  • 計算結果については基本的に小数点第2位まで。計算結果のみ四捨五入します。ですが「約」や「およそ」といった表現は省く場合の方が多いです。
  • ボーダー計算の前に

  • ボーダー計算結果は解釈や条件によって変わってきます。「これが絶対正解」とか、「○○考慮するのは間違い」とかは人それぞれです。参考程度に軽めに見てくださるとうれしいです。
  • 僕は計算間違いが多いです。修正・追記を良くするかもですが何が起きても怒らないでください...善処致します。
  • 計算する方法についてですが、大当たり振り分けが多いのでラウンド数で見ていこうとしましたが、各アタッカー毎の出玉にも差が付けてあるので、各大当たりの出玉を振り分けに直すという形式を取っていこうかと思います。

    確変時1回につき…

    確変1回あたり、どれぐらい期待出玉があるのかを見ていきますね。

    計算方法については長くなりそうなので、割愛します。各出玉を振り分けの割合に直しているだけです。

    • 15R確変( 右):45%=668.25個
    • 15R確変(羽根): 5%=67.5個
    • 15R確変(羽根): 2%=27個
    • 12R確変(羽根): 2%=24個
    • 10R確変(羽根): 2%=18個
    •   7R確変(羽根): 2%=12.6個
    •   5R確変(羽根): 2%=9個

    全部合わせると、826.35個ということになり、これが確変継続時の期待出玉になります。【A】

    追記

    ここでやらかしてました。申し訳ないです。

    これを計算に使用するのであれば、確変の60%振り分けを100%に換算、さらに以降の計算を確変・通常完全に分けなければ意味がありません。

    というか、気付けよ自分って感じなんですが。

    大海4同様、確変・通常問わない電チュー当選時1回あたりの大当たり期待出玉を出します。

    なのでさっきの【A】に15R通常分1350×0.4を足します。

    …ということで電チューで大当たりに当選した際の1回あたりの期待出玉は1366.35個ということになります。

    引き戻しにおける期待出玉

    ここまで出たら、一旦引き戻しの期待出玉計算に入ります。

    上で求めた電サポ時当選1回あたりの期待出玉1366.35個+純粋な平均確変連チャン数3.42連=4672.917個が引き戻し時の期待出玉になります。

    「引き戻しで通常引いた場合は?それに、その通常で引き戻したら?」と色々疑問に思ってしまう方はぜひこちらを参照ください。実質継続率を用いた計算であれば、全部ひっくるめた計算が出来ます。

    上の記事で大海4を参考にして、証明(?)しています。

    …少し話がそれましたが、上記で求めた引き戻し時の期待出玉はそのまま初当たり期待出玉に上乗せすることは出来ませんので、1/319.7の初当たりを時短100回転で引き戻す確率である26.9%を掛けます。

    そうすると、1257.0146個が引き戻しにおける期待出玉になります。【B】

    初当たり時期待出玉

    初当たり確変の場合

    ざっくりとした説明になりますが、初当たりの期待出玉+平均連3.42連から初当たりの1回を引いた2.42連分の電チュー大当たり時出玉である3306.567個=それぞれの初当たり時の期待出玉【C】であり、それを各ヘソ当選時振り分けの割合に圧縮したものが初当たり1回における期待出玉ということになります。

    追記:ここで前回は(酔っ払っている時は)各振り分け毎に連終了時に通常分1350個を上乗せしてしまってたので、色々な計算方法がごっちゃになっている、という状況になっていました。

    1350個の期待出玉を忘れてて、1350個の出玉を余計に上乗せしてしまっていた、ということで奇跡的に結果は変わりませんでしたがww(笑えないですね。)

    • 15R確変(羽根):5%
      1350+【C】=4656.567 232.83個
    • 4R確変  (羽根):35%
      360+【C】=3666.567 1283.3個
    • 2R確変(出玉無し):20%
      0+【C】=3306.567 661.31個

    初当たり通常の場合

    初当たりが通常であった場合は、1350個+【B】でもとめた引き戻し時の期待出玉を合わせてそれを振り分けの40%に圧縮します。

    • 15R通常(羽根):40%
      1350+1257.0146=2607.0146 1042.8個

    これで一応の計算は終了しました。

    まとめ

    さて、計算してきましたそれぞれの初当たり時振り分けを合わせていくと…全部で3220.24個に。これが初当たり1回における期待出玉となります。(¥12880.96)

    1/319.7を12.88096kで割りますと、

    24.82/kという結果になりました…。

    交換率別ボーダー一覧表

    一応追記ついでに載せておきます。

    表の見方
    交換率(ひと玉当たり)
    一回の初当たり期待出玉の金額換算(単位
    円)
    ボーダー回転率(○回転/千円当たり)

    4円交換¥1288124.82/k
    3.7円交換¥1191526.83/k
    3.5円交換¥1127128.36/k
    3.3円交換¥1062730.08/k

    (※換金ギャップのある交換率は全て現金投資だった場合です。)今回は一番下が3.3円ですので注意してくださいね。

    結構きつそう、と思いましたがまさかコレほどとは…。

    あくまで僕の計算では、ですがww

    ただこのエヴァ12は「2018年モデル」というネーミングとなっております。

    つまり少し時代を先取りした、今後も長く使うことが出来るであろう控えめなスペックとなっているんです。

    このエヴァ12をウワサされているような糞ゴミにするかしないかは取り扱う店次第ということですね。

    実際僕自身も、設定差のあるパチンコについて新たに妄想してみましたが(後日記事にしますw)大体想定として24/kぐらいが一番無難な調整となりました。

    ですので、これからの時代はそういった、1000円で少しでも長く遊べるような…悪く言えば間延びしたようなゲーム性になるのでは無いかと思っています。

    ※ここから追記

    勢いに任せて、色々誤情報を流してしまい申し訳無かったです…こないだ「反省します」と言っていたのは何なのか?w

    考え方としては、追記後のもので大丈夫かと思います。(細かな計算間違い等はあるかもしれませんが)実際先に挙げた大海4は全く同じ計算方法でも18.03/kになりましたので…。

    よくよく考えると、通常時MAX8な可能性も考えられましたね。それだとボーダーは少し下がる感…まぁ確認もしていませんし導入後結構経っているのでアレですがw

    お付き合いありがとうございました。