大胆予想!?パチ屋のグレーゾーンは徹底的に叩き潰される!

どうも。

前回の記事でもお話したように、最近はボーダー計算系に力を入れておりました。

それは決して、仕事中ヒマ潰しに計算してたものを、「あっ、これ記事にしたらええやん♪」とかそんなノリでやったわけではありません。

現在、そしてきたる新たな規制に向けての下準備を推し進めるべきだと僕は感じたからなんであります。

ただ、そんな記事ばかり書いてしまうと、ただの攻略系ブログだと勘違いされてしまいかねますので、適当なおっさんがただ書いているだけだということを認識していただくため、今回はパチ屋について語ろうと思います。

パチンコグレーゾーンの話

グレーゾーンとは?

先にグレーゾーンとは、何たるか?を知らない方(あんまりいない?w)へ向けて説明しますと「法的にアウト臭いけど誰も何も言わないからそのまま」という状態にあるもののことです。

つまり誰かがちゃんと動けば、禁止される、あるいは法律によって裁かれる可能性のある物事のことを指します。

近年では、パチンコ・パチスロにおけるグレーゾーンがことごとく潰されっていっている状況であると言えなくもないわけです。

昔のものからさかのぼると…

古いものからさかのぼって行きますと、まずイベントの規制が挙げられます。

イベントというのは「今日はコレ打てば勝てます!」とお店側が発信し、より多く集客することを目的とされていましたが反面、「じゃあ指定された機種だけ打ってれば生活出来んじゃね?仕事しなくてよくね?」と言った強者を生んでしまったというわけです。

昔は設定を示唆する札なんかを台に掲げたりもされてたんですが、それも禁止。→メルマガ・広告も禁止。→ていうかイベント自体禁止。といった流れです。

代わりになるものが…

そしてこのイベントの規制に伴い、集客の代わりとしてお店側が力を入れてきたのが異常とも言える新台入れ替えと、ライターさん・動画出演者さんの来店イベントです。

後者については、動画とか拝見しているとものすごい集客力みたいですね。並びが1000人超えるとか、深夜から並び始めるとか…。

ただコレについても、最近になって店側からの広告発信についての規制がなされたというわけですね。コレに関してはソース(情報元)確認していませんwwどっかでちらっと見ただけです。そんなライターさんとかが頻繁に来る地域では無いので「影響ないかな」ということで。

…演者さんのスケジュール発表とかについては見てる限り大丈夫そうですが。

釘調整について

次に有名なグレーゾーンと言えばパチンコにおける釘調整です。

もともと、釘は「出荷当初からいじっちゃダメ」というルールがあったのですが、遊技人口の減少に伴いボッタクリ調整というものが横行しています。

今現在においても右打ち時の玉持ちがすこぶる悪い(むしろ減りまくるw)とか、回転率が1000円で、二桁いかないとか普通にあり得ます。

ボッタクリ調整がひどいところに関しては、通報すれば指導が入るなり営業停止処分になるようになった、というのが今年頭ぐらいに話題になっていましたが…。

それも次の設定付きパチンコの導入により、完全に叩き潰されることとなります。

参考記事

次に潰されるグレーゾーン

最後に、次に潰されるグレーゾーンを予想しつつ記事をしめたいと思います。ここから下は完全に僕個人の勝手な予想ですのでご注意をww

おそらくですが、パチンコ・パチスロにおいて最も有名なグレーである換金行為について規制が入るものと思われます。

お店からあの訳わからん物体をもらって、近くに設置されてる質屋(?)に持っていって…という体制でもってなんとかまかり通って来たんですが、どうやら雲行きが怪くしくなりそうです。

と言うのも、カジノが認められることとなり、実際に運用されるようになると東京オリンピックに向け海外のジャパニーズイメージアップに躍起になっている国が世間一般にグレーと認知されているパチ・スロの換金を放置しておく訳が無いだろうと…。

「国営ギャンブルは良いけど、民営ギャンブルは犯罪!」といったニュアンスです。

この近年の異常なまでのパチ・スロ市場縮小は2020年に向けてさらに拍車が掛かるものと思います。

現在の三店方式が廃止され、パチンコで稼ぎたかったら、お店で景品(実用的なもの)に交換した後リサイクルショップなんかで買い取ってもらわないといけなくなる、みたいなクソめんどくさい事になりそう、という妄想をしております。

以上になります。