パチンコ・パチスロで稼ぐ為の攻略法(笑)

どうも。

挑戦的な記事タイトルですが割りと真面目な話にしていこうと思いますのでお付き合いいただければw

「パチンコ・パチスロはもう終わり!」という言葉を最近になってよく見かけます。これによりもうパチ・スロで稼ぎたいなんて人は絶滅したのかな、と思っていましたがそういうわけでも無いようで…。

あまりこういったことを言うべきでは無いのかもしれないですが某ブログ村でも攻略法系のブログが上位を占めていますし実際僕のブログにも「パチンコ 稼ぐ」「パチンコ どうしても勝ちたい」←(w)という検索ワードでの流入がちらほらあります。後者のワードについては鼻水が出てしまいました。

まぁ長くなりましたが、本題へ。

パチンコ・パチスロの攻略法の話

色々なギャンブルの勝ち方

まず最初に、パチンコ・パチスロの勝ち方と他のギャンブルでの勝ち方について考えておきます。

日本での国営ギャンブルとして競馬や宝くじがあります。これらの国営ギャンブルでシンプルな必勝法というものが挙げられるでしょうか?言い方悪いですが養分的な発想の必勝法です。

競馬だと単勝で人気馬に全ツッパ、宝くじだと億万長者がよく排出される売り場で購入するとか、大量に購入することでしょうかね。まぁコレだけじゃ常勝というのは非常に厳しいことは素人目に見てもわかるかと思います。

このように素人レベルでは競馬や宝くじでの常勝する勝ち方というのはイメージしにくいです。

ですがパチ・スロだとどうでしょうか?めっちゃ回る台に座る・設定6をぶん回す、と勝ち方が明確にわかりませんか?攻略法、要る?という話になってきます。

なぜ攻略法を求める?

パチンコ・パチスロを打つ方はほとんどが明確な勝ち方というものをイメージ出来ているはずです。ですがなぜか「パチ・スロの攻略法」を求めてしまいます。

その理由とはシンプルに”楽”をしたいからでは無いでしょうか?

ふらりと仕事帰り遊技台に座り、のほほんと台の演出を楽しみ3万勝って帰る。といった感じを多くの方が求めてしまっている現状と言えるのでは無いでしょうか?

まぁ無いですよね、うん。

売り文句として「月収50万可能!」とか書いている場合はコレぐらいのレベルの話をしているってことになりますのでもう少しひねりを加えたほうが良いんじゃないかな、と僕は思うのであった。

攻略法=否定から入る説

僕自身、パチンコ・パチスロ業界を取り巻く環境調査(笑)として色々なサイトを拝見してきましたがその中で攻略法をすすめられる場合の見分け方として、まず否定から入る、という特徴が見受けられるように感じました。

「ボーダーは通用しない」、とか「無意味な設定判別はもうやめるべき」といったニュアンスの文章から始まればほぼほぼ情報商材を売りつけてくるパティーンになります。

僕の個人的な意見を言えば、その商売の仕方のほうがもう通用しないよってなるんですけどもいかがでしょうか?ww儲かってるんでしょうかね?

常勝はプロでも不可能

おそらく攻略法を求める方の多くは、常勝出来る打ち方・立ち回りというものを求められているかと思います。常勝=1日単位での確実な勝ちを毎日ということになりますが…。

ぶっちゃけて言えばそんなことはプロでも出来ません。

パチ屋は営業時間が限られていますので、13時間というスパンでどうしても区切られてしまいます。収支の波というのは常に満ち干きを繰り返しますので干いた時に閉店を迎えれば当然負けてしまうこともあるということです。

その1日単位の勝ち負けにメンタルが左右されること無く淡々と理論上勝てる台を打ち続けられるか、否か?というのがプロと一般人の違いとなります。

まとめ

世の中というものはよく出来ていて、人の需要に応じてビジネスというものが確立されていきます。その中でも「○○がもっと楽に出来れば」という需要は本当に多いです。こういった需要を持たれている方は購買意欲が非常に高いということが事実としてあります。

なのでシンプルな言い回しをすれば、カモにされやすい、ということなんですね。

「楽して稼ぐ方法を探す」ということよりも、今の時代20/k以下の台を打っている現状をやめる方が収支的には早めに効果が現れると思うんですが…w

稼ぎたい!・儲けたい!と熱くなってしまうあなたの気持ちがどれだけの人間にヨダレを垂らし喜ぶ状況をつくらせているのか?、また後日記事にしてみようと思います。