大当たり確率詐称!?パチンコ屋で確率分母内に当たらない2つのトリックを解明します

どうも。

早速ですが、あなたはパチンコの初当たり確率について「大当たり確率を詐称しているのでは無いか?」「なにか基盤をゴニョゴニョしているのでは無いか?」とメーカー・パチ屋を疑ったことはありませんか?

内部的なお話になりますので「そんなものは無い」、とは僕みたいな素人では言い切れませんがパチ屋での実戦において2つばかり初当たり確率がどうしても重く感じられるトリックがありますのでそちらを語らせていただきます。

…と言ってもそこまで小難しいお話でもないですし、知っている方は知っている至極当然のお話ですので軽い気持ちで午後のティータイムのお供にお読みいただければ。

パチ屋での大当たり確率を考える

普段のホール状況から…

普段ホールで実戦していると、初当たりが重く感じられることは良くあることですよね?僕自身も経験しておりました。

「高層ビルが立ち並ぶ」という表現をよく耳にしたり、目に止まったり。つまりどういう状況なのかといいますと、一般的に初当たり確率の分布(どのくらいで当たっているか)をデータカウンター上で判断するということが言えます。

パチ屋において設置が当たり前となったデータカウンターが、初当たり確率が非常に重く感じる役割の一端を担っていた、というわけなんです。

記事タイトルにもありますように、2つばかり「初当たり確率が重く感じられるトリック」というものがデータカウンター設置により発生してしまっているというのが現状です。

良く知られているver

まず1つ目のトリックは割りと有名な方から。

ST機種などにおける、データカウンターのゲーム数がリセットされずに状態移行が行われるパティーンです。

例:ST機種

例えば100回転のST機種の場合。ST中は高確率状態で、100回転を超えてしまうと低確率状態(いわゆる通常状態)に落ちるという仕様です。

この状態の切替が行われる際にデータカウンターがリセットされず、通常回転数が常に100回転上乗せされていることから初当たりが重いという錯覚におちいってしまいがちです。

例として1/319の初当たり確率でST確変100回転搭載機種としまして、ST後通常を300回転回したものとします。

するとデータカウンター上は400回転という表示になり実際はまだ確率分母内であるにも関わらず「もう400ハマリやん…」といった軽い絶望感を味わうという現象がおきます。

ロングST機種がちらほらある現在(最近はマシですかね?)では150回転・180回転と上乗せされる回転数が増えてしまうため、ST100回転の場合よりもっともっとハマっているような錯覚が起きてしまいます。

イメージしづらいver

続いて2つ目は、あまりイメージしづらいトリックです。なんとなく理解している方もいらっしゃることですが、実際数字にしてみるとよりわかりやすいかと思います。

先程のような現象はST機種に限った話だと、思われがちですがこういったデータカウンターによる錯覚は確変ループ機種にも言えることなのです。

例:1/319.6

例として、初当たり確率を今のミドル機種の1/319.6・時短100回転としてみます。

「時短100回転だからさっきみたいに100回上乗せされるんか?ww」という話ではありませんのでご安心ください。

この初当たり確率で時短100回転で引き戻す確率というのは26.9%ですね。この26.9%で引ける初当たりはデータカウンター上ではどのような表示になっているでしょうか?

「引き戻し」と表示される最新のデータカウンターがあるのかどうなのか、僕はちょっとわかんないですね状態なんですが一般的なデータカウンターだと確変の時と変わらない連荘表示になるかと思います。

つまり言い換えれば「26.9%の初当たりはデータカウンター上に表示されなくなる」ということがわかります。

初当たりの1/3.7がデータカウンターから消え2.7/3.7分の初当たりのみがデータカウンター上に表示される状態になりますね。

1/319.6の73.1%=1/319.6×1.3678…=1/437.21ということになりデータカウンターのみでの体感(?)初当たり確率は1/437.21となることが言えます。このぐらいの重さだとちょくちょく800ハマり・1000ハマり以上が見受けられるのも納得出来るはずです。

ただ勘違いしないでいただきたいのは、実際初当たりを引こうと実戦している場合は、1/319.6に変わりは無い、ということです。次の回転で当たる確率は1/319.6と言った方がわかりやすいでしょうかw

あくまでデータカウンターのみで語るなら、というお話ですのでご注意くださいまし。

まとめと豆知識

今回語らせていただいた内容、わかりづらい文章になりましたがご理解いただけたでしょうか?w大当たり確率詐称と叩かれる背景にはパチ屋のデータカウンターという悪魔の存在がある、ということが言いたかったのです。

ST機種の場合と、確変ループ機種の場合の2つを例に出しましたが最近流行りのST+確変機種の場合だとより顕著になってしまいますよね。

多少のハマりにはめげず、「これは良くあること」と言い聞かせることで冷静さを保っていただければ幸いです。

豆知識

豆知識として、ボーダー数値について実質継続率を用いて算出した場合。つまり引き戻しを加味したものの場合ですね。

今回の1/319.6機種を例にすると計算時には初当たり確率1/319.6としていて大丈夫なんですが、実際確率を収束させようとすると、ある程度収束させるには確率分母の100倍の試行回数が必要となりますので、引き戻しを除いた初当たり確率(1/437.21)の分母の100倍を回さなければいけないということになるかと思います。

思っているより回さないと、収支が付いてこないかも、ということが言えるんじゃないかと理屈で考えれば思います。個人的なアレですがw

お付き合いありがとうございました。