パチンコ・パチスロ+規制ラッシュ=絶望祭り開催

どうも。やる気ないついでに1つ書きます。

最近の規制ラッシュについて多くのところで「絶望だ!」とか「終わりだ!」とか騒ぎ立てられておりますね。もちろん当ブログもその一端を担っていたんですがw

挙句の果てには、パチンコ・パチスロが無くなるんじゃないか?とか換金禁止!とかあるコトないコト色々出回り、もう手がつけられないような状況になってきましたね。

総じて言えることは、こういう適当なことを言っている記事を読んでみると「パチンコ・パチスロ打ったことないだろ?」というような書き手ばかりで、あ~広告収入が欲しいだけなんだな…とため息が出てしまいます。

業界のことを心配して「ここはこうなるんじゃないか?」的な予想を立てるだけならまだしも、未確定情報で釣っておいて適当なこと書いて惑わす、とかあまり好きじゃないんだなぁ…(怒

「お前も一緒やんww」と言われてしまえばそれまでなんですけどねw

世間のパチ・スロ嫌いの風潮に拍車が掛かってしまったようで本当に寂しいですね。

コレだけははっきり言っておきますが、これから先どれだけ規制が厳しくなり射幸心があおられなくなってしまったとしても、その時代ごとのパチンコ・パチスロの楽しみ方というのは必ず見つけられます。

どれだけ糞台しか出なくても、軌道修正を繰り返せば良台・神台は出現するものです。

その軌道修正の為には、打ち手のシビアな評価(糞台まみれでも妥協して打たない、ということ)が必要になりますね。

最近の傾向は本当によろしいと、どこから目線かわかりませんが僕個人的には感じております。

色々なメーカーがゲーム性を工夫して試行錯誤している感がにじみ出ていますので、「僕らがいれば絶望なんか無いんだよ」とメーカーさんが言ってくれているような感じがしないでもないでも無いです。

これから先は、糞台は糞台として近寄らない、自分が面白いと感じたものだけを触る、ということを心掛けより良い遊戯環境を我々打ち手も一丸となり作り上げていきましょう。

以上新規制導入を目前にしての改めてのスピーチでしたw