パチンコ・パチスロが原因で生活が苦しい人必見…正しい軍資金の作り方とは?

どうも。

今回の記事は借金系のお話になります。

記事タイトルにもありますように、「パチンコ・パチスロが原因で今現在生活が苦しくヒィヒィ言うとります!」という方にはぜひ参考にしていただきたい内容となっております。

それでは早速ですが本題に入っていきます。

どうしてもパチ屋に行きたいのならコレをすれば良いじゃない?の巻

そもそもの話

まずもしこの記事を、一般の方が見ていたとするならば、「生活が苦しいならパチンコ・パチスロやめればいいじゃん」と思われているかもしれません。

そもそもはそれが正解なんですが、パチンコ・パチスロに依存してしまっている場合それは非常に困難となります。激しく鬱状態になってしまいます。

生活が苦しくならないよう、以下で紹介する対策を施した上でパチ・スロに対する考え方を変え依存症を脱却する方向に持っていく、というのが一番良い流れだと考えておりますので…。周りから何を言われようが、なかなか自分自身の思考回路がおかしくなっている、という事実にも気付くことは出来ません。(経験談)

依存者がパチ屋に行けない理由

当たり前の話ですが、依存者がパチンコ・パチスロにのめり込んではいけない理由として、遊戯するための資金を持ち合わせていない、という事が挙げられます。

つまりパチスロ・パチスロが原因で生活が苦しい人にとって生活費を削って遊戯する→生活が苦しくなるという流れが当たり前になってしまっている事になります。

この部分を改善出来たとするならば…例えば遊戯資金を十分に確保することができ、生活費に手を付けることが無くなるとすれば生活が苦しくなるという事は一切起こらない、ということになります。

パチ屋に行けない、あるいは行ってはいけない理由が無くなるわけです。

正しい軍資金の作り方

パチ屋に特攻するための軍資金をいかに作るのか?というのが課題となります。

僕が考えうる、正しい軍資金の作り方として主に2つが挙げられますので参考程度に。

抑えるver

見出しのまんま・そのまんまです。支出を抑えるパターンです。

これは日頃惰性で浪費しているお金は無いかを見直すことで色々見えてくるかと思います。

例えば、あまり見ないCS放送を契約しっぱなしにしているとか、月額サイトを登録しっぱなしにしてしまっているとか、通勤に使っている車、実は原付でもいけんじゃね?とか挙げ始めたらきりが無いですがww

こうした数千円程度の見直しが多く重なると、多少の軍資金は確保出来ることになります。

また月ごとの支出だけでなく、日常生活においても改善すべきところは多々あります。

パチ屋で大当たり毎に買うドヤコーヒー(笑)だとか、喫煙されている場合は本数を減らす、あるいはやめてしまうとか…。嗜好品を削ると結構大きい額になりますがストレスが高まる可能性もありますのでまずは減らす程度のほうがよろしいですねww

生活を少し見直して、パチ屋に貢ぐ為のお金を確保する、といった少し馬鹿らしい構図に思えるかもしれませんが生活が苦しくなることに比べればいくつかマシに思えますよね?

捻出ver

他のバージョンとして、軍資金を作り出すというパターンがあります。

作り出すといっても決して黒魔法(消費者金融・クレジット現金化)を使うわけではありません。

また不要なもの(あるいは大事だけど…なもの)を売りさばいて作り出す錬金術でもありません。

副収入を得られるように体なり、頭なりを今以上に働かせるパターンです。

具体的に言えば、すぐにでも軍資金を作りたい!という場合は体を使ってアルバイトを始めたほうが結果が出やすいですし、今以上に体を使うのは厳しいという場合は結果が出るまでに多少時間が掛かりますがweb収入を得られるように頭を使ってみたりと色々なパターンがあります。

前者については僕自身の経験談と言いますか本業以外に新聞配達を始めました。生活苦の時ですね。体力的に最初はしんどかったんですが慣れてくると1日1時間で月5万程度なので無理なく安定した収入を確保出来ていました。軍資金としてでは無く、返済金としてですがw

後者について残念ながら当ブログでは全然参考になりませんがww僕が雑な性格過ぎるため、グーグル先生に丸投げしているだけですので…。またいずれ紹介記事を書いてみますが今はそっと胸にしまいます。

あとがき

上でも一度書いてしまいましたが「生活を見直してまでパチ屋に貢ぐためのお金を捻出して何になるのか?お前頭大丈夫か?」と、こんな感じの言葉がずっと頭をよぎっていた方もいることでしょうww

また生活を見直すにしろ、副業を始めるにしろ慣れた環境から抜け出すのは結構辛いと思います。

この辛さが大事なんです。

僕の昔話になりますが本業の給料がへこんで利息のみですら支払えず新聞配達分でまかなったとしても生活費も無く…。どうすることも出来ないと思い込んで新聞配達分の5万円を握りしめ特攻し、仕事帰りにも関わらず閉店まで涙目で投資を続け、ものの5時間程度で1ヶ月分のアルバイト代をすってしまったことがありますww

そこで「何やってんだろ…?」となってからパチンコ・パチスロに対して、どうして行くべきか真剣に向き合うようになりました。

少し荒療治かもしれませんがぜひお試しあれ(笑)

※注…普通に文面ではヘラヘラしていますが思い出しただけで吐きそうになるぐらいヘコんでます。

「依存症が止まらない」というあなたは、合わせてこちらもどうぞ↓。