【沖海3実戦データ】甘海での勝ち方教えます(?)これぞ甘海のポテンシャル!やっぱり海は素晴らしい!

2016年5月18日

真面目なお話ばかりしていると、少し堅苦しくなりますね…。(主に僕が…。)

なので今日はちょろっと話題を変えて、一息入れさせてもらいます。以前より僕は、甘海をこよなく愛し、実績を積み上げてきたことをほのめかしてきましたが…。以下参照ください。

まだまだ、「海は出玉的にも演出的にもつまらんから敬遠するわ」というけしからん若者も多いのでは無いでしょうか?

その理由はと聞くと…「海の甘デジはじじいの小便のように出玉がちょろちょろ出るだけやろ?…連荘しにくいし。」と言っている人もちらほら。

本当にそうでしょうか?(ニヤニヤ)

それについても少し語らせていただくとして、主にこの記事では、甘海の秘めたるポテンシャルについて語ります。いやらしい記事タイトルでほんとすいません。(笑)

甘海の本気(?)

語ろうと思った理由…

まぁこれまで、甘海を打ってきてそれなりに出玉が出たことは多くあったんですが、「証拠を出せや!」と言われると、もうデータが存在していないので(大分前に、収支アプリ消しちゃいました、泣きながら。笑)

「僕じゃなんとも言えねぇや」…としてきたんですけども。

本日、スマホのメールを整理しようと、たまたま未送信フォルダを漁っていましたら、実戦記録の下書きを発見したわけです。

正直そこまで出玉は伸びていませんが、「ほぼスペックどおりに当たりを引いて、尚且つ結構出玉を飲ませながら一日中、打ち続けたことでこれだけ快勝出来たんだ!」というデータなんであなたも、ぜひこれを参考に甘海を打ち込んでみてはいかがでしょうか?

では見てもらいましょう

少し見にくいかもしれませんが、こちらが実戦データになります。多々突っ込みどころはあると思いますが、下書きなんでご了承ください。^^;

実戦機種はもちろん(?)大好きな海物語in沖縄3の甘です。

Screenshot_2016-05-18-20-03-09-horz

(ギリギリで2万発越えてますね。良かった、良かった。)

データの見方解説

  • 何も書いていないただの数字が初当たりの回転数になります。
  • その横の丸で囲っている数字は、STでの連荘回数ですね。
  • (数字)の部分は、電サポ中の初当たりになります。
  • ~連は電サポが途切れるまで、ST、時短中引き戻し全て含めた連荘数になります。
  • 少し離して「16」と書いてあるのは、16ラウンドを引いた、ということです。連荘数の横に書いてあるのでややこしいですが、16ラウンドが○連したわけではなく「16ラウンドを含む○連だった」ということです
  • 最後の考察の確率の横に書いてある矢印は、スペック以上なのか、スペック以下なのかを示しています。

そのあと細かい数字を出していますが、肝心の回転数が無いという…^^;どうでもいい事は、ちゃっかり書いてあるんですがね。なにをやってるんだ、過去の僕は。

まとめ

そこまで、「運で勝ったんだろう?」と言われてしまうような要素は無いということが、わかっていただけたかと思います。(ギリギリ運勝ちでは無いですよね?笑)

多少は、上にぶれてますけどね、ST中の当たり確率とか。実際は1/9.99ですね。

上の表の総回転数で通常回転数(非ST回転数)とST回転数にメーカー発表値を当てはめると、通常が5回ぐらい・ST中が10回ぐらい多く引けてたということになります。

それらを考慮してスペックどおりにしか引けてなかったとしても(大当たりがこの時より15回分ほど少なかったとしても)、なんとか10,000発位は持って帰れていたんではないでしょうか?(適当)

今回の(この時の)実戦で出玉が大きく伸びた要因は、

  • 回転数がそれなりに良かったので、初当たり間で結構持ち玉を維持することが出来たこと。
  • 時短回数が50回転(振り分け65%だったかな?60%?)の時に連荘が終了することが多かったこと。
  • 最大はまりが運良く333回転ほどで済んだということ。

この3つですかね、パッと思いついたのは。

特に2番目の要因については、時短25回転(35%)の時に連荘終了してしまうと、50回転まで回すのに約300玉ほど必要になるので時短50回で終了した時と比べると持ち玉を減らしてしまう大きな要因になりますよね?

まぁなんにせよ、甘デジで大きく勝ちたいなら、やはり回る台かつスペックのよろしい台で出来るだけ試行回数を重ねていく!ということをすれば良いんですよ、という話でした。

思い付きでしたが、あなたがこれをきっかけに、甘海に専念してくれたら僕としてはうれしい限りです。魅力をお伝え出来たでしょうか?

今後も三洋さん(メーカー)の回し者として海の魅力は重点的に語ります!笑

最近では、沖海4のハイビスカスモードの演出についても語っています。こちらも気になるというあなたは、ぜひご覧ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。