パチンコに必要な軍資金は一体どれぐらいなんだろうか??

どうも。

最近はネガティブな思考や批判的な記事が続き、ブログ全体が負のオーラをまとってしまっていまして…w

気を取り直して軌道修正していきます。

さて、今回は「パチンコをするのに必要な軍資金とはいくらぐらい?」をテーマに色々語っていきます。

軍資金はいくら必要か?

パチ屋へ行く時に…

パチンカスのみなさんは、パチ屋へ出撃する前の軍資金の確認を必ずと言っていいほどおこなっていらっしゃるかと思います。

お財布の中の残金を見て「これだけあれば十分勝負出来るだろう」とか「これじゃ甘デジぐらいしか打てないな」とか思ったり、「これを打ち切ってダメならATMへダッシュしよう」とか思ったり。

人によって安心できる金額とは様々ですが、僕は2万ぐらいあればまだ安心できるんかなぁと思います。2万以下だと展開次第では何も出来ずに終了とか有りえますからねww参照記事↓

各々の生活レベルに合わせて軍資金の設定をされていますよね。「10万無けりゃ行かない」という人もいたり「1万円すらもったいない」という人もいたり色々な方がいます。

ここで生じる矛盾

「お前はパチ屋に何しに行くの?」と聞かれると、あなたは「お金が増えれば良いかなぁ…(増やしに行くに決まってんだろ、ボケがぁ!!)」と返すのが日常かと思います。

本人はお金を増やすことが目的、と言っているにも関わらず軍資金自体は多めに持っていないと不安で仕方ないのです。

その不安故に軍資金を多く確保してしまうことで、逆に負債が増えてしまうということも多々あり得る話でございます。

軍資金の設定は安心感を得ながらも、負債を出来る限り最小限に出来るような工夫を練る必要があるということになります。漂う無理ゲー感ww

お金を持っていく目的

あまり意識されていないかもしれませんが、「お金を出来るだけ多く持っていきたい」という感情の背景には試行回数を稼ぎたいという願望があるかと思います。

難しいように聞こえますが、平たく言えば「負けっぱなしで終わりたくない」「当たり引くまでやめたくない」とかこんなニュアンスで大丈夫です。

通常だけ回して当たりを引く前に軍資金が尽きてしまうとか、是が非でも避けて通りたいところではありますし。

スロットだと、天井まで回せば当たり1回は必ず引けますからね。かなりの養分思考間違い無しですがww

なので、「当たりを引ける」というパチンコ屋での楽しみを維持できる軍資金を用意しておく必要があります。

結論

以上のことを踏まえると、ざっくりとした軍資金を自分の中で決めてしまっては、手持ちに余裕がない場合に無理をして捻出してしまう、という地獄への序章が始まってしまうことが容易に想像できます。

もう手遅れならアレなんですけどもwこうなってしまう(ギャンブルにのめり込んでしまう)前に使っても良いお金を把握しておく力を付ける必要がありますね。

ここから、使っても良いお金の範囲内で遊戯可能なスペック・貸し玉レートを設定し適正なパチンコ・スロットを楽しむというのが王道ルートかと思います。

勝ち額だけにとらわれるのでは無く、まずは無理のない軍資金を用意して楽しく遊戯できるスペック・レートで実戦を行いましょう。