まさかクレジットカードのリボ払い活用してパチンコの軍資金作っているやつなんかいないよな…?

どうも。

借金系のお話になります。

記事タイトルにある『リボ払い』というものは、一般人にとってかなり馴染みの深いものとなりましたよね。リボルビング払いの略称ですね。

クレジットカードなどの支払いを毎月定額に設定し、使いすぎてしまった時でも支払いを滞らせること無く・無理なく返済が可能となるシステムです。

使い方が間違っていなければ…w

リボ払いはやめておけ

リボ払いの使い方

散々いろいろな所でネタにされているのであえて言うのもアレなんですが、リボ払いの本来の使い方というのはカードを使いすぎた時の保険、という単純なものでは無く。

最低弁済金を設定しておくことで急な出費があっても、いちいち「今月はちょっと分割に…」といった連絡を入れる必要が無くなることにメリットがあり、それ以外は余ったお金は出来るだけ元金の相殺に使ったほうが払うべき利息が少なくなってよろしいのです。

本来払わなくても良いお金を、分割して返済することによって上乗せされますからね。

例えば…

あなたが、今すぐ50万円の家電一式セットが欲しくなったとします。手持ちは一切無いものとします。

  • 「入会金9万円いりますが利息一切無しで分割購入(月1万50回払い)できるカードがあります」
  • 「年利18%でリボ払い(月々1万円支払い)が出来るクレジットカードがあります」

上記2つの文言、どちらのカードを作製するでしょうか?

多くの方が下の方の通常タイプのクレジットカードを作られますよね?「入会金9万円とかもったいない」という方がほとんどかと思います。

でも、実際のところは入会金として先に9万円払っておいた方がお得になるケースの方が多いんです。

パチンカスに持たせると

こういった、「あんまり支払い頑張らなくて良いよ、ゆっくりでいいよ」的なカードをパチンカスに持たせると高確率で限度額いっぱいまで借りて、リボ払い分を返済してわずかに空いた利用可能額ですら日用品の購入にあててその分の現金を残す、といった錬金術にも似た手法を取る場合が多いです。

俗に言う天井張り付き状態ですね。

ずーっと50万円借り入れ状態のまま、一年経過し18%の年利がもろに掛かってしまうと年間で9万円もの利息を払っていたことになります。

毎月1万円、年間12万円返済しているつもりでも単純計算で7500円は利息分ですので2500円しか元金は減らない、ということですね。

天井に張り付いている状態だけでなく、返済中に違うことに利用して再度利用金額が増えてしまえば利息として支払う金額も増えてしまいますので。

上の例で言えば、リボ払いとしていながらもご自身で考え出来る限り上乗せして返済していかなければ入会金9万円を払っていたほうが良かった、ということになります。

まとめ

リボ払いは本当に貸した方が有利になるシステムだと思います。

昔話になりますが借金まみれの当時、毎月2万円の返済を続け30万円の利用残高を10万円付近まで持ってきた際、「定額にしませんか?」とか抜かしやがった。「元金1000円の定額でイイですよww」とのこと。

返済10年、月々の支払いは利息合わせると3000円ぐらい。ざっくり10万以上払わなくても良いものが追加されたわけですね。アホかと。もちろん毎月支払う分が少なくなったため「ありがとうございます!」の二つ返事を返しておきましたがw(クズ思考)

もし仮に天井張り付き(限度額50万)パチンカスが全国に20万人いたとすればカード会社はおよそ18億円の利息を得ることが出来ます。

自分に得が無いことは、人にはオススメしてきませんよね?リボ払いは素直にやめておきましょう。

久々思い出したので唐突に書いてみました。