大当たり出玉規制はいつ開始され、いつ浸透するのか?

ほんとにただの疑問なんですがww

出玉払い出し上限は1500発までになる、というのは結構有名な話でそろそろその規制に沿った台が発表されてもおかしくない時期となってまいりました。

ですが最近出てきている台はどれも2000発近く取れる台ばかりで『FAIRY TAIL』に至っては「右だと100%2400発」とか言っちゃってます。まだ詳細知りませんが(←チラッとしか見てない)

あれ?待てよ?となっちゃうわけです。

出玉規制の行く末

わかない実感

「これもしかして大丈夫じゃね?」と思う方も多いことかと思います。

仮に出玉規制の掛かった台が出てきたとして、これらの(2000発以上取れる)台は早々に撤去されるのか?という疑問が湧いてきます。

またパチスロと同様「比率何%までなら置いといて良い」とか言うニュアンスの規制のみにとどまれば1500発規制の台と2000発以上取れる台が今後数年間共存することになります。

そうこうしている内に「規制緩和」とかなれば尚更良い方向に向かってくれそうですが果たしてどうなることやら。

メーカーの意図

本来であれば、今後は出玉に関する規制を厳しくしたもののみ長く遊戯機として設置出来る、というお達しがあればメーカーがこういったスペックを量産し続ける意図がわからないものとなってしまいます。

「どうせ次新しいの出したら買うやろ?」的な感じなら最悪ですが…ww

「検定が通らなくなってもまだまだ設置は出来るのなら、今のうちに駆け込みで良スペックを作っておこう」ということなら結構な猶予があるように感じられます。

結局なんやかんやで情報に踊らされすぎてしまっているのかもしれませんね。

パチ業界の動向

やっぱ色々なパチンコ関連の記事(スロット関連も含め)を拝見していると打ち手側もメーカー側も「出玉感」を求めている、という印象づけが行われているような気がします。出れば神台、出ないものはゴミ的な。(極端ですがw)

射幸心はあくまであおり続ける感じでしょうかね。

言っていることは間違いでは無いですしぶっちゃけ僕自身も出玉感があった方が面白いのですがそういった業界全体の動きが今後の規制にどういった動きを与えてくるのか…。少し心配になります。

徹底的に叩き潰しに来るか、「…なら、しょうがないわね。今回はこれを甘くするからねっ!」といった感じでお上がデレて規制緩和してくれるのか。

不安と期待が入り交じる、そんな表現が適切ですね。