自動計算ツールを作ってみたので機能の説明・便利な使い方をば

今回は自動計算ツールの仕様説明になります。

サイト上でしか使用できないんですが時短での引き戻しやSTでの当選率なんかに便利なものとなっておりますしいろいろ応用も効きますのでぜひともご利用ください。

というかこんなややこしいとは思いませんでした。のでいろいろ苦労話も交えながら。

自動計算ツールの宣伝

もうご利用された方もいるかも知れませんが、記事ページの特集部分にリンクを貼っております。

ボーダー計算に便利。累乗ツールなど自動計算フォームを作ってみた←これ

出来ることは、

  1. 割り算
  2. 累乗計算
  3. 引き算(基本的には1-〇〇)

の3つです。

最初ちょっとだけ公開していたものは、動作自体には問題無かったんですがブラウザが少々限定されてしまうという欠点がありました。

なので少しでも多くの方に使えるように少し改善しましたが結局IEで動くようになったものの表示は崩れてましたww

エクセルとかだと簡単に自動計算とか作れると思いますが、エクセル自体持ってないという方もいますからね。javaScriptは素人なので一部至らない所がありますがご容赦をww

では実際計算しながら使い方の解説を。

使い方解説

次回転非当選の計算

とりあえずここ(「分母」項目)に求めたい大当たり確率の確率分母を入力。

今回は例として「1/319.7の大当たり確率」を「時短100回転」で「引き戻す確率」の計算をしてみます。

入力出来たら分子項目に(分母-1)の数値を。

実行ボタンを押すと結果が表示されます。これが次回転での非当選確率(小数点表記)になります。%に直すには×100ですので99.69%はハズレ、ということがわかりました。

試行回数消化後非当選確率の計算

さっき出した計算結果を…

「基数」項目に入れます。コピー出来れば良いんですけどスマホだとやりにくい場合ありますので手打ちでwwPC推奨です。

今回は「時短100回転」でしたので「指数」項目に100を入力します。ボタンを押すと結果が表示されます。

先程同様%表記に直すと73.10%が100回転消化後非当選確率ということになります。

当選確率に直す計算

ただの引き算ですww

デフォルトで「1」を入力していますのでそのまま小数点で入力していただければ結果が出ます。

結果は26.9%ということになりました。お馴染みの数字が算出され正しく計算出来ているようで安心いたしました。

便利な使い方

他に便利な使い方を紹介しておきます。

結構気にされている方が多いな、と日頃から思っているのはハマり確率についてで、これがさっくり計算出来たら便利なんじゃね?と思っておりました。

「1/〇〇で1000回ハマる確率ってなんぼやねん!?」みたいに同僚に聞かれることもありますしww

そういった場合にはこれを用いてもらえれば簡単に出せるはずです。

ちょっと一例でやってみましたが、先程同様1/319.7の台で1000回転ハマる確率を求めてみます。

非当選確率は0.04359…ということになりましたので、この結果を%表示にすると「4.36%ハマるかも」ということが言えます。

このあとさらに「初当たり何回に1回なんだ?」と思った場合には上の割り算ツールで

  • 分子:100
  • 分母:4.36

で求められます。ま、これは電卓使ってもアレですね。

大体23回に1回ぐらい起こり得ることになりました。

こんな感じで、ある程度自動で計算出来ればミスも無くなるし時間は掛からないわで良い事だらけですね。ただいかんせん「どこまで出来るのか?」というものが見えてきませんので今はこのぐらいが限界ですww勉強します。