甘デジ~MAXまで…一番大きく稼げるのはどれ?

2016年5月24日

いつも読んでいただいてありがとうございます。

収支の方はいかがでしょうか?少しずつでも、上向きになっていれば良いんですが…。

さてこのブログでは、結果を早く出したいのであれば、また実戦時間が充分に取れないというのであれば、またまた有り余る軍資金を用意できないのであれば、甘デジを中心とした立ち回りの実施を推奨させていただいております。

しかし、今まで甘デジを打ち込んだことの無い人にとっては、「あまり大きく勝てないんじゃないか?」「時間の無駄になるのではないのか?」といった不安も少なからずあることでしょう。

今回の記事ではそういった不安を取り除いていくことに焦点を当てていきます。ぜひ参考にどうぞ。

一番大きく稼げるスペックは?

まずスペックのおさらい

あまりパチンコを知らない方の為に、最初にスペックの名称とおおよその確率についておさらいしておきます。「んなもんわかってるわ!」というあなたは、読み飛ばしてください。^^;

パチンコのスペックは大きく4つに分けることが出来ます。以下の通りですね。

  • 甘デジ:99分の1前後(128分の1も一応)
    一般的なものを想定してください。50分の1ぐらいのもありますが、その辺は無視でとりあえず77分の1以下のもので…
  • ライトミドル:199分の1前後~230分の1前後
  • ミドル:270分の1前後~360分の1前後
  • MAX:390分の1前後~399.9分の1まで

こんな感じです。ただVST機種(V入賞等で確変突入どーたらこーたらの最近流行の機種です。)はこれらとは別に考えますので…。理由としては実質の(確変)当たり確率がそのスペック以上になりますんでね。

(※例えば99分の1で、50%確変突入のVSTの場合。
実質確変突入率は、198分の1となりますよね?20%で確変突入の場合だと、495分の1になります。MAXと変わりませんよね?(笑)

また、400分の1で60%確変突入のVSTの場合で考えると、約664分の1になります。)

なので今回はVSTは考えないでおきましょう。めんどくさいので!

では各スペックのおおよその期待出玉と収支の流れについて見ていきましょう。(全てボーダー等価で18/kとします。)

甘デジ

期待出玉

大当たり確率99分の1として、約1,375個が大当たり1回に対する期待出玉となります。

最初なんで丁寧に解説しますと、初当たり1回引くと平均1,375個獲得することが期待出来ます、ということですね。1,375個獲得して収支を±0に出来る回転数が1,000円あたり18回転ということです。

今さらかなり丁寧ですが、初心者の方にもわかりやすくです。(笑)すでに知っているあなたも、お付き合いください。

出玉の推移

短期で見た場合、あまり大勝に遭遇することは無いですよね?2~3万発勝てる、というのは他に比べると、圧倒的に少なくなります。

その分、負けに関しては当たりが頻繁に来るため投資スピードがある程度抑えられ、5万ないし10万負けなんてことはまず無いでしょうね。

長期で見た場合、安定性で言えば、他スペックよりずば抜けているのですが、言い換えると負ける調整であればどうあがいても負けます。また荒れが少ないため無駄玉等も収支に直結してきますので打ち手に高いレベルが要求されると言っても過言では無いです。

交換率に差があればあるほど持ち玉になるスピードが速いので、持ち玉比率を上げることが出来ますので大変有利になります。また軍資金が少ない場合でも勝負しやすいので(勝てるとは言ってない。)実戦台の候補にしやすい、と言ったところでしょうか?

ライトミドル

期待出玉

199分の1と仮定しますと、期待出玉は約2,750個ほどですね。約11,000円程度になります。つまり11,000円で当たりが引けるとトントンですね。

出玉推移

短期で見ると、甘デジにちょっと毛が生えた程度の出玉を期待できます。仕事帰りなんかのちょっとした時間にも勝負出来るのが魅力ですね。(ここで言う勝負出来る、というのは確率分母分試行回転を稼げるということです。)

終日打てる場合なんかは、調整の良い台だとちょくちょく2万発近くまで行けるんじゃないでしょうか?

長期で見ると、甘デジほどの安定性は見られませんがそれなりに出玉もついてきますし、投資もそこまでかさみませんので、まだまだ手を出しやすいですね。

ただ主流は、ラウンド振り分けの多いものとなりますので、荒いことは荒いですし甘デジの2倍近くの確率の初当たりを引いて甘デジ並の出玉で終わることもしょっちゅうですので、それなりの軍資金は用意しておきたいところ…。

ミドル

期待出玉

340分の1と仮定します。約4,700発ぐらいですか…。18,800円で当たりでトントンですね。この辺から手を出し辛くなりますね。

出玉推移

短期で見ると、2~3万発を越えることもそれなりにありますので、結構大きな勝負が出来ますね。またラウンド振り分けもそこまで極端な台は少なくなりますので比較的安定性は(まだ)あります。

ただこの辺から、一日打って当たり0もごく稀にありますので、心が折れてしまったり、軍資金が尽きてしまったりということが無いように、注意が必要ですね。

長期で見ますと、先ほども言いましたように投資と出玉のバランスが取れる結果にはなるスペックが多いので、それなりに軍資金が用意できて、尚且つ甘デジの調整が悪いと言うことであれば、ミドルも打っても大丈夫でしょう。

僕個人も、甘、羽根で出玉を伸ばしては、海ミドルで収支を大きく伸ばすということを良くしておりました。(出来るだけ早くにそれなりのお金が欲しかった時ですね。笑)

MAX

期待出玉

399分の1と仮定すると、約5,540個が期待出玉となります。約22,160円でトントンということです。もう軍資金足りねぇよ。

出玉推移

短期で見ると2~3万発越えは割としょっちゅうあります。ただ安定性に欠ける為、あまり稼動に時間が取れない場合は手を出してはいけません。「オレは運に掛けてんだよっ!」というのであれば別ですが…。

また一日打って大当たり0も稀に良くあります。(笑)
これは軍資金と稼働時間両方がとても重要になってきます。

長期的に見ようが、荒いもんは荒いのでもはやボーダーなんかなんの意味も成さないと思っていたほうが精神衛生上よろしいです。

「ミドルと、MAXあんまり変わらないんじゃ…。」と思われるかもしれませんが、確率が約40分の1も変われば、荒れ方も相当なもんです。個人的な意見!

それなりの覚悟が無ければ(50万円以上へこんでもOK!ぐらいの、実際はもっとですが。)手は出さないように…。

ただそれだけへこむと言うことは、それだけ勝てる場合もあるので、調整がいまいちな台でも、ある程度勝てることは可能です。(運だけで勝てると言うことです。)それが良いのか?悪いのか?…まぁ言わなくてもわかりますよね?

まとめ

はい、長々と語ってまいりました。お疲れ様でした。結論として、どのスペックが一番稼げるのか…?

長期的に見れば最終的には一緒なんです。(笑)

ただスペックによって、確率の収束までに必要な試行回転数は変わってきますけどね。

結局は、どのスペックも浮いた沈んだを繰り返すんですが、その振り幅が大きいか、小さいかだけなんですよね。だって今回だって期待出玉は同じになるように同じボーダーで仮定してましたからね。(出玉推移の方は色んな調整を想定していましたが…)

同じ期待値の調整であれば同じ結果になりますよね。全部のスペックで期待出玉とトントンになる投資額を出しましたが、数値は違っても結局トントンになってましたよね?

そういうことです!(こんな適当な感じでわかってもらえましたかね?笑)

ただ軍資金の関係、実戦時間の関係などで僕は甘デジを推奨しているというワケです。結局収支が一緒なんだったら、安定する勝負をしたほうが良いに決まってますからね。

無理やりまとめましたが、こんな感じでした。最後まで読んでいただきありがとうございました。