大勝したらコテンパンに負け始める不思議!あなたも経験ありませんか?

2016年4月8日

はい。記事タイトルのとおりになります。

これも僕に良く当てはまってたんですが。大きく勝ち越したあと、気が大きくなっちゃう病気としますが。あれやめましょう。あれはもったいないですよね?

あなたも経験ないですか?一日で、10万円オーバーの収支をたたき出し「今月は勝ち越し余裕だぜ!」

…からのボロ負け続きで「絶対遠だ!回収しやがって糞ホールめ!」と言うような流れ。(笑)
この上記のような流れは全て、ただ単純にあなたの気が大きくなっちゃうことが要因なのです。

非常に残念な話ですが。あなたのせいだったんです…。><;

大勝の後の大負けは必然なのか?

その原因とは…?

普段あなたが深層心理…といえば大げさですがね。大きく勝ったことにより「打ちたいけど、日ごろ我慢していたもの」…これを打ちに行っちゃうんです。

わかりにくいというあなたに例を出しますと…

自分がどうしても日ごろから打ちたかった台に、「一万円だけ勝負して、無理だったらいつもどおり打とう!」
↑コレです。コレ。駄目なやつです。この流れです。

こういう無意味な行為があなたの年間での完全勝利を遠ざけてるんです。

言い換えるならば、勝利の為にと、当ブログでも最初の方からあれほど禁じてきた、「平打ち」と同じ行為をしていることになりますよね?

これを放っておくと…

あなたがいくらきちんと技術介入しようが、普段は理論上勝てるように徹底した立ち回りをしようが、こういった行為をやめない限り、勝つことは厳しいです。

僕もそういう気持ちはわかります。痛いほどわかります。

ですが今は好きな台を打つ時ではないんです。

あなたが生活に余裕を持ち、10万円負けても鼻で笑えるようになればぜひ趣味として打ちたかった台を楽しみましょう。

大負けする実際の例です。

まだ初代AKBが新台の頃だったでしょうかね?はっきり覚えてないのが申し訳ないのですが…。

なんせその当時は、AKBゴリ推しだったもんで店側の扱い(調整のことですね。)も相当良かったものですから、張り付いてたんですよ。これでもかって位にね。(笑)

まぁ結果の方は、運の要素がかなり強いんですが(余剰ですね、確率以上・理論値以上の大当たりが付いてきたってことです)一週間仕事帰りだけで、30万円ほど勝った記憶があります。(ちなみにまだ借金がそこまで酷くなかったときです。笑)

でまぁ当然、気を大きくしますよね?

当時爆裂台として話題だったスロの麻雀物語2を打ちにいったんですよ。打ちたかったんですよ。万枚目指してたんですよ。
天運招来させたかったんですよ…天知る、地知る、お味噌汁歌いたかったんですよ、僕は切実に。

バラエティに一台のみだったんで、まぁ当然平打ち、趣味打ちになるんですが…

きれいに一日7万円づつ、
4日で28万負けたとき目が覚めました。

「何やってんだろう…?」と、車の中で泣きました。(笑)ほんとろくなこと無いです。気を大きくすると…自業自得ですがね。^^;

こういうバカな後悔をしないためにも、どんなことがあっても自制心は保つようにしましょう。

「お前にだけは言われたくないっ!」
と言う突っ込みは無しでお願いします。^^;

お付き合いくださりありがとうございました。