【カジノ続報】入場料確定!1回いくら払えばカジノが出来るのか?

どうも。

今朝新聞配達していたら、一面記事(の真ん中あたり)にカジノに関する記事があったので家に持ち帰って読む→大体カジノに関する現状が理解出来たので少し取り扱ってみようかと思います。

今回は気になっていた方も多いと思いますが入場料金に関して、やっと決まった模様なのでアレコレ言ってみます。

カジノ入場料が微妙過ぎる件

入場料の意図

先におさらいしておきますと、カジノで入場料を取るのはギャンブル依存症対策でしたね。平たく言えば「お金無いやつは何回も来んなよ」という事だと思ってますw

で、取られるのは日本人(と日本在住の外国人)のみで外国人は無料。ここがめちゃくちゃ複雑ですよね~。自分とこで遊ぼうとしているのに、「お前以外からは金取らない、お前はここに入り浸りにならないよう金取ってやる」的なことを言われるのは理不尽過ぎて萎えますwというかそもそも完全に外国人向けの観光施設になりそうなんですよね。

肝心の入場料は?

1回いくら取られるのか、というのが最終的に6000円で固まったようです。

これを高いと取るか、安いと取るかは人それぞれですが、どうやら…、

  1. 視察したシンガポールのIR(統合型リゾート)が約8000円取ってた
  2. GDP(国内総生産)比較すると一人あたり日本の1.52倍
  3. 日本だと5270円がシンガポールの8000円相当じゃね?
  4. じゃ6000円で(笑)

という流れみたいです。

ギャンブル依存症患者への効果は?

気になるのが、6000円を取ることによってギャンブル依存症患者への抑制が期待できるのか?ということです。

「無理しなくても払えなくは無い」というほんとに微妙な金額なので入場料取られるから行かない、という発想までは至らないかなぁと思います。

というか下手したら、「入場料は取り返さないと!!」という気持ちを生み出して火に油を注ぐこととなるのに最も適した金額かもしれないww

まとめ

今現在では、IR施設の誘致(ここでやって良いよ、の意)に意欲を示しているのは大阪・長崎・和歌山・北海道とあと横浜市となっています。(なぜ神奈川表記では無いのかw)

施設の上限がとりあえずは3ヶ所まで、ということになっているのでこの辺の住民からもOKがもらえれば実現するといった感じですね。だとすると僕の場合は大阪が一番近い…通えなくも無い…ごくり

まぁ僕個人的には、払わなくても良いものを日本人だからという理由で支払わなければいけない、ということでたぶん意地でも行くことは無いだろうと思っておりますがww

きっとギャンブルしに行くところじゃないんですよ。思い出作りに行くところなんですよ。

だから、あの…あれ。…パチンコ屋は残しといた方が良いんでないかね?(願望)