CRJAWS再臨…スペック調べてボーダー計算したんですがまぁ斬新で面白そう

2018年5月5日

どうも。

「CRJAWS再臨」が近々稼働開始ということで、ボーダー算出してみようとスペックを調べたんですが…。

まぁ中々斬新なものとなり、体感で継続率規制が結構わかりにくい感じとなっていて打っててあんまりストレス感じにくい、今の時代人気が出そうかな、と思ったので掲載してみようと思います。

最近ボーダー計算しかしてないですね。スペックが変わり種のものが多いので、好奇心をくすぐられますw

CRJAWS再臨スペック&ボーダー

スペック概要

今作は前作と同様に転落抽選式確変となっています。

違う点と言えば、確変時の振り分けに通常が追加されています。これにより期待時短獲得回数が増えることが予想されます。

まぁ一覧表で見てみましょう。

初当たり確率1/319.6
高確率1/162.2
転落率1/500.2
賞球&カウント数14*9?

16R時2016個となっていたので、賞球とカウント数は予想で乗っけてます。(某掲示板参照w)

振り分けは以下の通り。

通常時
ラウンド数振り分け時短回数
16R確変2%100+次回
4R確変49%100+次回
4R通常49%100回転
右打ち時
16確変85%100+次回
16R通常15%100回転

こんな感じになっております。

つまり転落引く前に高確率を引いて、なおかつ85%の確変を引けば連荘が継続する。

それに加えて100回転以内に転落を引けば保証100回転までの時短を。回転数問わず高確率を引いて15%の通常を引けば100回転の時短を獲得出来る仕様となっています。

すごいややこしいように聞こえますが、実際には見た目上は何もわからないと思いますので、気にしたら負けなんですよねww

実質スペック

それでは実質的なスペックをサラッと。

とりあえず右打ち中、転落引くまでに高確率は3.0838回引けることになります。

この内、85%だけが継続となりますので実質は2.7457連となり62%ぐらいになります。

いつもの転落抽選機のように高確率を100回転以内に引かないうちに転落確率を100回転以内に引いて、なおかつその時点から保証100回転までに低確率を引き戻す確率は2.9769%となりますw漂う無理ゲー臭…。

ですが時短はこれ以外にも獲得する術があります。

転落引くまでの高確率当選3.0838回の大当たりの内の15%は通常大当たりを引くことになります。0.46257705回分ですね。

こいつが連荘するのはさらに100回転での引き戻し(1/319.6)当選26.9%ですので0.12443322645連分を上乗せ出来ることになります。

ので実質的に右打ちに入った時点で2.8299連(64.66%相当)が期待できるという事が言えるのでは無いでしょうか?

初当たり込みの連荘期待数は3.8299連となり74%相当と言えますが、まぁこの数字はどうでも良いw

各振り分け毎期待出玉

通常時

  1. 16R確変時 7169.66個(143.3932個)
  2. 4R確変時 5755.66個(2830.0746個)
  3. 4R通常時 2406.84個(1179.3554個)

()内は振り分け毎に%を掛けて圧縮してます。

これ見て分かる通り、2%のプレミア的16Rを引くと7000発を超えることがわかります。

まとめとボーダー

これらを足していくと、こんな感じのボーダー数値になりました。

打ち出し分はマイナスして計算してます。(言うの忘れてましたw)

で5%減にするとこんな感じに。

特に甘い!と言えるわけでは無いんですが、転落抽選式でありながら右打ち中も65%近くをキープしているということで、安定感と夢(笑)を兼ね備えています。

なかなか斬新なスペックで、こういった展開の仕方もあるんかと正直感心しましたw