いよいよもって、一発台が人気になってきたわけですが…

異常である。

いやほんとにwどうしちゃったんでしょうね?

最近の新台は、一発台の要素が入ったものがよく見受けられるようになりました。

このブログでも散々話題にしてきた天龍インフィニティを筆頭に(というかその前から天下一閃とかあったが)パチスロクルーン500とかパチンコRAIZINMANとか。

犬夜叉とかもそうですね。登って外れて登って外れてを5分繰り返した挙げ句ハズレとか…。

とにかく玉をウネウネ動かして、それを見ながら手に汗握って大量出玉を夢見て、という流れが非常に面白くない。個人的にw

ライジンマンについては、もう正気の沙汰とは思えませんが。また別記事で取り上げますが、一言だけ添えておくとすれば
「お前なんで検定通っちゃったの?」という疑問をぶつけときます。

本当に何がしたいのかわからんw

「GODディセントの評価は微妙で、こっちのライジンマンは人気が出るんじゃないか?」という編集者だかライターだかの発言を見ましたが、まさか本当にそうなってしまうとは…。

個人的に牙狼GS翔は打てると思っても、近所のグランドオープンのチラシを見るとバラエティにのみ導入されている様子ww反面天龍は1/4島導入。

(ここのホールさんはだいぶネットなんかの評判を下調べされていたようで、天龍・シンフォギアと人気台に加え、現行でトップクラスの稼働率を持つ北斗無双が半島導入とユーザーの傾向がよく分かる機種構成となっています。)

だいぶ打ち手側の好みが変わってきてるのか、僕の好みが世間とズレ過ぎているのか…w

何にせよ、規制というものが全く曇ってしまうかのような「大量出玉獲得機」が目立つものとなっています。

じゃ規制要らんかったやん、て話w