借金持ち、お小遣い制パチンカー・スロッターが必ず収支が上向きになる方法をお教えします

2016年4月12日

はい…アイキャッチ画像入れてみました。びっくりされた方、ごめんなさい。ついつい見栄えのことを考えてしまったもので…。個人的には、満足です、はい。^^;

上は、seesaaブログ時代の名残です。一応記念(?)に置いておきました。

心機一転、URLも引越しした事もあり、見栄えはかなり良くなったかと思います。いかがでしょうか?(笑)この見栄えに内容が伴ってくれれば、僕としては言うこと無しなんですが…。

さて今日は、少し趣向を変えてみまして。恐らく「いるであろうな」と思う、過去の僕と同じような境遇、つまり借金持ち、またはお小遣い制により軍資金が限られてるあなたに限定しまして、収支を+にする方法を考えて行きます。

まぁそれ以外の、普通に軍資金として給料を使えるけど今まで年間+になった事無いあなたも、参考程度にご覧になっていただけると幸いでございます。

借金が…、小遣いが…

まずは質問です。

では。
早速あなたに質問です。今までに一度でも、「今日××円、勝たないといけない!」と思ったことあるでしょうか?

借金の返済日が間近で手持ちが足りない。とか、お小遣いを使い切ってしまいそうで今月の手持ちが無くなる。とかそういった状況での「あるある」だと思いますが…

当ブログの最初の方で述べました通り、一日単位での確実な勝ちはほぼありえません。ほぼ、と言いましたのは、

  • スロだとハイエナに徹する。
  • パチだと調整のいい羽根物を完璧に打ち切れる。

現実的かどうかはさておき、こういった事例もあるからですが。

「焦燥感」について

まぁなんにせよ。こういった「焦燥感」、つまり「なんとかしなきゃ!」と思う気持ちがあなたに根付いている以上は、

あなたの勝ちは「限りなく0%に近いもの」と思っていただいても結構です!

そんな気持ちで打っちゃうと、立ち回りもクソも無いですからね。「じゃあ、どうすればいいんだよ!」という話になってきちゃいますよね。当然。

まずあなたがすべきことは、この「焦燥感」を消すことにあります。

具体的に言うならば、「軍資金を無理して残さない」ってことです。さらに言えば、「先に払うもん払っとこう。」「いるお金は置いておこう。」ということです。

使ってもいいお金を確保する方法

借金、まぁあなたがどこから借りているのかは知りませんが、消費者金融であれば大抵利息さえ払えば、督促は無いですし。(経験談^^;笑えないですが…)

お小遣いであれば、ひと月の生活に必要最低限の金額は確保しておき後は自己責任でなんとかしのげるぐらいのお金だけ置いておく、ということをしましょう。

焦燥感を消す為に…

つまり、「負けても痛くもかゆくも無いお金」を作ることからはじめます。(ホントは痛いですよ。痛いですけどね。)

出来れば、1~2万円が理想です。

1万円以下しか用意できない場合は、悪いことは言いません、今は自粛しましょう。2ヶ月、3ヶ月我慢して貯めてください。

基本この月毎、1~2万円で勝負します。たとえ、月間で大きく勝ち越せてもです!次の月はまた1~2万円で勝負します。

こうして物理的に大きく負けないようにすることで、「気が大きくなっちゃう病」及び「負債が膨らむ」ことを防止していくんです。

また軍資金が常に少ないことで、「負ければ全て終わりなんだ!!」「真剣に立ち回らなければいけないんだ!!」という
自分を奮い立たせる原動力となってくれるんです。

「勝ったお金は負けた時に補填する用に貯めておくの?」いいえ!全部その月に、使い切っちゃってください!

借金の返済があればそちらに回し、「利息」及び「元本」を少しでも減らしていくことを考え、

もし借金の返済が無いのであれば、今まであなたが欲しかったけど、我慢していたものを、買っちゃってください。

そもそもあなたは最近、大きな買い物しましたか?ギャンブルにはまる人の特徴として(過去の僕も込みです!)お金をケチって、軍資金に回すという傾向があります。

パチ屋の常連見れば、答えでますよね?毎日同じ服、履きつぶした靴。ボサボサの髪の毛。(多少の誇張は認めますが…割とマジでこうですよね^^;)

自分の生活を犠牲にしてパチ屋への軍資金を確保する。

それがいかに、薄ら寒い行為ということか、しっかり判断できるようになってください!

長いですが続きます。^^;
引き続きお付き合いください。