貧乏パチンカーに告ぐ!パチンコって結局運ゲーやでww

どうも。

「このお金を何とか増やして支払いをどうこう…」というのは結構良くあることかと思います。借金持ちなら。

実際僕自身も過去腐るほど経験してきたわけで、思い通りお金が増えて「うぉおおおお~~ッ!!」したこともありますし、思ったように行かずどうしようも無くなって「うぉおおおお~~ッ…ッ…」したこともあります。

結局依存症ならではのそういった感情の浮き沈みを、心の片隅で楽しんでたんでしょうが、それは今回はどうでも良いです。

比較的冷静に物事を把握しやすいように、実際ご自身が何をしようとしているのか?というのを数字で見てみようと思います。

パチンコで大事なのは結局運

例えば

こんな台があったとします。

  1. 50%で1000発か2000発がもらえる台。
  2. 継続率は65%のST(平均2.86連で計算)
  3. 初当たり1/319.9だとボーダーは18.64/kぐらい

今日は待望の給料日。

支払いのお金で給料のほとんどが消えてしまいます。

月末の支払日まで手持ち2万円ある。こいつを増やすことが出来ればカードに頼らない現金のある生活が送れるかも知れない…。

回転率はボーダー±0として…

どうしますか?w

無茶してしまった場合

まぁほとんどの場合が踏みとどまれるかも知れません。

ただ依存度が強い場合だと、現金ある=行かなきゃいけないという謎の使命感に駆られ気付いたら遊技台の前に座っている、ということが良くある話で。

Right Caption

リアナ

初回2000発が50%あってST確変にも100%突入する… 運が良ければ全て2000発に偏って…
Left Caption

リアナ

2万円を全て使い切っても何とかなりそう!! …とか、思っちゃいますよね?

ほぼほぼ後悔することになるパターンがまさにコレ。

平均的になると…

実際に当たりを引けたとしても色々なパターンが考えられます。

¥17160(4290個分)消化し確率分母を回して当たりが引けたとします。(発生率63%ほど)平均2.86連としているので3連したと仮定すると、

  • 1000発:2000発:1000発で4000発。等価でも-290個マイナス。振り分けは交互。
  • 2000発:1000発:2000発で5000発。+710個(¥2840)

この2つのパターンが平均としてありえること=これ以下で終わる可能性の方が高くなるのですが…いかがか?w

下の良いパターンになった時の3000円に支払いが出来なくなるというリスクを背負う価値があるのだろうか?という話ですね。

妄想を現実にさせるには

実際に平均連(四捨五入して3連)を全て50%の2000発で取るにはどれだけ薄いとこを引かなきゃいけないのか計算してみます。

65%を3連なので0.65を3回掛けます。(27.46%)

50%を3回なので0.5を3回掛けます。(12.5%)

どっちも取らないといけないので掛け合わせると3.4325%になります。

これは初当たりに対して、ということになるので実際の通常時出現確率(要は3連して全部2000発で取れる初当たりの出現率)は1/9319.74ということになります。

2万全部突っ込んだら大体373回転は回せることになるので4%ぐらいしか当選率は無い、ってことになります。

つまりは25日パチ屋に通って、全部2万ずつ突っ込んだら1日ぐらいは思い通りになるかもね、って感じです。

もちろんこれ以上連荘する確率もこれ以下で当たる確率も細かくありますので全部合わせると1/320になりますが。

たった1回の実戦に全てを掛けることの無意味さ・アホらしさがわかっていただけたでしょうか?

結局時間無い人・お金の用意出来ない人にとってパチンコはほんと運ゲーでしかないんですよね。

これがわかる前と、後では収支が笑えるほど違ってくるのでその辺もお話していけたらな、と思います。