パチンコライジンマンはなぜこれほどまでに支持されるのか?

どうも。

やれ10万発だの、攻略打法だの散々話題に上がっているライジンマンですが。

正直なぜここまで支持されているのか、僕個人的には理解しがたいです。例によって実際に触ってはいないのですが。

単調なゲーム性(≠シンプル)、安っぽい役物構成、安易な設計等々偏った意見を述べようとすればキリがありませんが。

ただ冷静に考えてみると、人気な理由・支持される理由というものが見えてきたかもしれません。

ゲーム性・スペックについてはこちら↓を参照

ライジンマンが支持される理由

大きく分けて2つが考えられるかと思います。

一つは、ゲーム性から可能になる大量出玉獲得。

一つは、昨今の規制ラッシュからの確率機離れ。

順にご説明します。

唯一の大量出玉獲得機!?

同ジャンルの天龍インフィニティにおいても、大量獲得の報告は無いこともありませんでした。

ですがそれは、良識の範囲内というか今までも聞いたことあるような10万発出たよ~的なのが限界です。本機(天龍)は大当たり確率を軽くするということは可能でしたが、連荘性というものは持っていませんからね。

そんな中、それを大きく上回る大量出玉報告が溢れかえり「近所にもライジンマン導入はよっ!」という声が上がり(出荷台数は元々多くは無いですが)めでたく全て完売ということになりました。

誰もがMAX機時代妄想したであろう、「とりあえず朝イチ速攻初当たり引いて、そこからRUSH爆連させて閉店まで大当たりじゃ!」というのがマジで出来ちゃった、という話です。

今のフルスペック機においては5万発を超えることも稀となってしまいましたので、大量出玉獲得を夢見る層には圧倒的な支持を得られたのでは無いか、ということが言えますね。

カジノ解禁を待ち望む方や、宝くじを好んでよく買う方がこの辺に含まれる感じじゃないですかね?

確率機離れ

これに関しても大きく影響していると思います。

規制によりどうあがいても連荘性能は下がっているので、「出ていない」という予測が立てられるデータカウンターの履歴が散見されるようになりました。

実際に僕自身も最近フルスペック機で初当たり4回引いて「2連・2連・単・単」というのがあります。(エヴァ11)僕が打つ以前も「1・3・1・1」ってな感じだったので「これはヒドいww」という印象を持たれる可能性の方が高くなります。

また甘デジに関しても最近では大当たり確率を重くしたものなんかが評価ヒドいですね。(大海アグ○ス)

実際にホールデータも高層ビルが立ち並び、連荘履歴も「1」ばかり。

ホール内においてはデータカウンターをポチポチして台選びをする方のほうが多数派でありますのでこういった履歴が残ってしまうのは客離れを引き起こす要因となり得るのです。

ここから「確率機は嫌だ!抽選が目に見える一発台(あるいは羽根物)が良い!」となってしまうんですね。

こういった履歴の台は割とよくあると思うので、日々確率機の評価が下がっていってる、ということになるかと思います。

以上のことから

以上より「大量獲得は現実的に可能だし、抽選もある程度は目に見えるからライジンマンは打てる!!」という方が多いんじゃないですかね?

まぁ時期が良かったと言うか、時代が時代ならここまで人気となることは無かったかも知れぬな。

羽根物系は基本的に、お店側も打ち手側も技術が無きゃ成り立たないようなものが多かったのでもし昔のように調整がある程度出来るホールしか無かったら、大量獲得は起こり得なかったと思います。

何度でも言いますが、あれは完全な調整ミスかと。狙ってやってたらただのアh(ry

今後ますます確率機離れが加速してくんだろうなぁ、という寂しい気持ちに…。