依存症集合!そろそろパチンコで勝ち負けのループを繰り返すのは辞めにしませんか?

どうも。

さて、そろそろネタも怪しくなってきたし、流行りものを追っかけるのも僕は仕事上相性悪いので、本腰入れて依存症向けの記事を書いていこうかな、と思います。

パチンコで勝ちたい人・パチンコが好きな人・パチンコを辞めたい人それぞれに向けた記事を中途半端に書いてきましたが、パチンコを辞めたい方向けにより掘り下げた内容にして行こうかな、と思います。

今回は一発目として、パチンコそのものに対する考え方を変えていきましょう。

パチンコって結局ループ作業やで

パチンコを打つ、という行為をまず思い返してみてください。

お金を入れると、

大当たりして、

ある程度出玉が出たら、

また次の大当たりを目指して、

増えたり、減ったり、

飽きたらまた後日、

またお金を入れるとこから始まります。

この無限ループですよね?w

出したり入れたりをただただ繰り返すだけのものになってるんですよね。

そこに楽しみがあればまだ良いです。

何故かイライラしながら、何故かうんざりしながらその作業を続けていく…疑問に思ったことありませんか?

何やってんでしょうね?ホントにw

「お金が欲しいから行くんだよ!」って人もいるかも知れないですが、それって結局9割り次の実戦における軍資金になっちゃいますよね。

軍資金を得るために軍資金を割いて、軍資金を作るために他の欲求を我慢して結局何もかも失って、また軍資金をどこかからひねり出す…いかん、頭が痛くなってきましたw

今後の付き合い方

必ずしもパチンコを打つことが悪いわけではありません。

楽しみというのは人それぞれありますので、心の底からパチンコ・パチスロを楽しんでいる方もいらっしゃることかと思います。

ただ、イライラしながら、苦痛に感じながらそれでも足繁くパチ屋に通う、というのは違う気がします。

空き台が無いから、クソ台に座って貴重なお金を失ってしまうのも違う気がします。

ギャンブル行為については、僕自身にとっても刺激的ですし非日常感を味わえますので魅力的に感じることもあります。

しかしながら、「パチンコを打つ」という行為は、冷静に考えてみると実はギャンブル行為には当たらないということですね。

見せかけのお金だけ増えて、結局は次の実戦は飲ませる作業から始まるわけですからね。

勝てたそのお金を自由に使い切ったとしても、次回はそれ以上に投資しなければ大当たりしないかも知れませんしね。

結局パチンコで利益を確定させることは、どうあがいても出来ないんですよね。

まとめ

昨今の規制によりますます「脳汁が出る!」という状況は減少傾向になっていくことが予想されます。

この脳汁はパチンコにおける味覚であり触覚であり…例えばとんかつを食べてジューシーだと感じるように、おっ○いを触って柔らかいと思うように、「それを感じたいからその行為を行うのだ!」という必要不可欠なものです。

味のしないとんかつはまた食べたいとも思わないでしょうし、カチカチの胸は触る意味を感じません。

今現在では、その絶対的な価値が欠落しているような状況ですので今一度一歩身を引いた付き合い方、というものを思い返してみるのも良い機会かも知れませんね。