【自己破産】どこまでOK?免責許可がもらえたパチンコ狂いの悪行とは?

どうも。

まずはじめに、デリケートな話題ですのでこの記事を読んでいただくにあたりいくつか注意点を。

この記事のニュアンス的には「こんなことしたってヘッチャラなんだぜ!お前らもやってみ?」ってことじゃなくて「これだけやってても人生やり直せるから、もし同様のことをしでかした過去をお持ちでお悩みならば、ぜひ実行に移しましょう!」って感じで捉えていただけると幸いです。

あと、免責不許可事由に関しては「今回だけだよ」って感じでどうしても結果として「裁量免責」ということになります。

お住まいの地域・あるいは裁判所によっては免責不許可とされる場合もありますことをご了承ください。

免責許可された僕の黒歴史

はじめに

なんでこんな記事を書き始めたのか?っていうのはやっぱり「こんな悪い事しちゃったら、自己破産も出来ないだろう…」って悩んでる方は結構多いみたいなんですよね。

例えば、借金のほぼほぼをギャンブルに溶かしてしまったり、クレジットカードのショッピング枠において業者による現金化を利用してしまったり…。いわゆるグレーゾーンの行いをやってしまったパターンですね。

これにより、債務整理を考えることもあるけど、実際行動に移そうとすると足踏みをしてしまう方が多いというわけです。

実際に僕が相談に行った際にも「免責不許可事由にあたる行為をされてますので自己破産は厳しいです」とのことを司法書士に言われ、借金を圧縮して返済する個人再生を勧められました。

…だがしかし。

自己破産の体験談となると話は別で、結構グレーなことやってても免責許可が降りる場合が腐るほどあるのです。

なので過去の過ちを反省していて「本気で人生やり直したい、リセットボタン押したい」とあなたが願うのであればまずは行動してみても良いのでは、と思います。

ただ、こういったサイトの特性上、僕側から閲覧してくださってる方の悪行を知ることは出来ませんので…w

逆に、僕が行なってきた悪行を晒し同様のことを過去してしまったことがある、という方への助け舟になればといった考えです。

行なってきた悪行

おまとめローン関連

まず真っ先に思いついたのはおまとめローン関連ですかね。

借金まみれで返済に困ってた時、「うちでおまとめしません?」と消費者金融からお誘いがありました。

当然「返済に遅れなくて済む!」といった浅はかな考えが真っ先に浮かんだ僕は二つ返事で了承。

50万元金返済用に入金されたので、他の会社にそれぞれ返済し残高が0付近になってる証明写真を送り…それで何もかも済んだと思いました。

そこからまた少し月日が経って、現金が必要になり残金を相殺した会社から借り入れを繰り返していき、限度額手前までいって出金停止処置が。ここでようやくやばいことしてることに気付く…。

おまとめした地点で他社からの借り入れはNGなわけですが、この件に関しては「よく確認もせずとんでもないことをしでかしてしまった」と正直に申告しました。

今後おまとめローンを利用し完済証明を送付した後は速やかに、退会処理を行い、カードにハサミを入れておきましょう。借りたらアカンですね。

現金化関連

これは結構ダメだろうなと本気で思いました。

まだ消費者金融に手を出す前、妻と喧嘩した折にカードをへし折り何年も寝かせてたまっさらなクレジットカードを、数年後(金欠になった時に)独断で再発行。

現金化業者を某掲示板で探し、言われた通り買い物を行なって譲渡し現金を手にする。

この行為のために30万のショッピング枠を数回に分け20万円ほど使いました。

寝かせててかなり空白の期間(利用額¥0の期間)があったのに、ものの1ヶ月ほどで満額近くなるわけですからカード会社からすればかなり怪しい行為です。

まぁ特別な事情があったため不問となりましたが、これだけは本当におすすめはしません。

クレジットカード枠の現金化はほんとにもったいないです。

還元率95%とかいってるとこも「消費税が…」うんぬん抜かしやがるので結局80%程度になります。

マジでめちゃくちゃもったいないので辞めときましょう。…そもそもこんな事するアホが僕だけなら良いのですがw

まとめ

書き出したらキリが無いですがとりあえず主な2つにしときます。

借金の使用用途についても「ほとんどをギャンブルに使っていた」という旨は伝えました。

結局の所、

  1. 支払い不能と判断出来てるのに借金を重ねていないか?
  2. 悪質なものでは無いかどうか?

っていうところの方が判決に響くような気がします。

要は支払不能になるってわかってて、現金化とかに手を出すとか…。債務整理直前に所持してる全カード限度額いっぱいまで借り入れを行なったとか。

色々な要素があるかとは思いますが、思っている以上に初回の自己破産には寛容なところが多いようです。お気軽に…というわけには行きませんが、ある程度の条件を満たしている方なら前向きに検討されてはいかがでしょうか?(どっかで書いた記憶があるのでまた探しておきます…)

ただそれには謝罪する気持ちと誠意が必要なことはお忘れなく。

はじめにも書きましたが、「これだけのことしても許されるなら、やるだけやってから破産してやろう!」とかそういった事すると取り返しがつかなくなる可能性がありますのでご注意を。