まず一歩から始めましょう!パチ屋に毎日行くってめっちゃ無駄でっせ

どうも。

依存症時代を思い返してみると、とにかく毎日パチ屋に行っていないと「落ち着かない」という衝動に駆られていました。

パチンコと距離を置きたい、そう考えるのであれば、まずは毎日パチ屋に行かないというハードルを設定してみるのが早いです。

毎日行く人と、週に2,3回しか行かない人。

週に2,3回しか行かない人と、月に2,3回しか行かない人。

こうやって比べていくと、少ない人の方が圧倒的に無駄にしているお金は少なくなりますよね?

パチ屋に毎日行かない宣言

毎日行きたい衝動

まず毎日行きたい、という状況について考えます。

この状態にあるということは、仕事帰りにもパチ屋に行くということになってしまいます。

そうすればボーダーの観点から見ても、持ち玉比率が下がってしまうのでより良調整の遊技台を選定する必要が出てきますし、パチスロだと閉店取り切れずという非常にもったいない状態になりやすいですね。

どうしても打ち始めると、長く遊びたくなってしまいます。閉店2時間前でも平気で出撃していましたからね。

例えばパチスロバジリスク絆は、僕も好きでよく打ち込みました。

過去、絆実戦においてフリーズ4回ぐらい引きましたが、うち3回は閉店2時間前に引いてますwもったいない。(まぁ速攻終わったものもありましたが、祝言中終了ってのもありました。)

他だとやじきたのAT中フリーズですね。

エスパー発揮して押し順ボナ9連ぐらいさせて600ゲームぐらい残して閉店したって記憶。

パチンコだと腐るほど確変状態を捨てて来ました。

とにかく閉店前から打つことは愚かでしかありません。

無駄金はそれだけじゃない

閉店で確変・AT(ART)状態を捨ててしまうのは、アホほどもったいない、ということはアホでもわかります。

それが理解できなくなるのが、依存症の怖さでもあります。

ただ無駄金というのはそれだけではありませんよね?

着席するなり飲み干す1本のコーヒー。

当たったら買いに行く、どやコーヒー。

とりあえず遊技台決まれば、くわえるタバコ。

当たれば吸い始めるどやタバコ。

このように普段仕事終わって家に帰れば、使わなくっても良かったであろう無駄な経費がパチ屋に行く日数が増えれば増えるほどかさんでいくということですね。

毎日300円ほど無駄に使ったとすると、1ヶ月だけでも1万円近く出費が多くなってしまいます。

その分儲かれば良いんですけども、パチ屋という場所はそうそう甘い場所では無いことは、あなたもよくご存知ですよね?w

まとめ

毎日パチ屋に行く人ってどれだけ金持ちなんだろう?ってよく考えたことがあります。

実際勝って貯玉だけで毎日遊んでいる、という方も知り合いにいますが多くの場合は違ってきます。

少なくとも普通の会社員が、家庭を持ちながら4円パチンコに入り浸れるような場所ではありません。

大抵の場合は、自分の生活を犠牲にしているか、黒魔法カードを切っちゃってるか、ですよね。

確かに楽しいことは間違いないんですが、それだけに囚われてしまうと何もかも失ってしまうことの方が多いです。

残るのは借金だけ、というのは良く言ったもので本当に得られるものも何もありません。

たま~に行くぐらいが惰性も無くなって心底楽しめる気がします。