今、設定付きパチンコ触るメリットってあるんですかね?

どうも。

最近増えつつある設定付きパチンコ。あなたはもう打ったことがあるでしょうか?

パチンコに「設定」という要素が加わることで、それが楽しくに感じる人もいれば、逆にわずらわしく感じる人がいたりで、それぞれ感じることは違うかと思います。

まぁ楽しく感じると言っても、設定が入ること前提での話になってくるので地域によって明暗ははっきりする感じなんでしょうけども。

今回は実際ホールに赴いて、設定付きパチンコに対して感じたことを書き連ねていきます。

2019年版設定付きパチンコについて

いくつかの問題点

現状何が問題かと言うと、別に設定付けることを義務付けられてない、という点ですね。

つまり設定付きパチンコと、設定付いてないパチンコ(従来通りのもの)が共存していることになります。

ホール側は設定付きパチンコを無理に普及・浸透させる必要性も感じないのが現状かと思いますので「低設定放置安定ww」というところが非常に多いような。

あと一年前に話題になったような、「釘を触れないパチンコ台」に移行するにはまだまだ時間がかかるという事で…今はイジれるってことになります。

「最高設定だとボーダー16/k!!」という台があったとして、お店側が13,4/kしか回る調整にしていなければ、高設定示唆が出ても粘る価値は皆無とかなかなかカオスな状況になりますよね。

ホールの理解度

これは純粋にマイホ(笑)がダメなだけかもしれませんが。

唐突ですが牙狼GSM翔の甘デジのスペックをご存知でしょうか?

僕は全く知りませんでしたw

マイホ(笑)にあったんですよ。GS翔の甘が。

先日パチンコに行った際、一年ぶりに過去快勝したGS翔を打ちたかったんですが時の流れは悲しいものですでに存在しておりませんでしたが、甘デジコーナーにGS翔があったため(今年3月導入)スペックを確認することに。

めっちゃ良いとか思っちゃったんですよ。

ざっくり書きますが…

スペックの概要

  • 低確率1/99.9
  • 初回確変突入は80%以上
  • ST中当選は80%
    (右打ち中確通振り分けはある)
  • 大体継続率は68%ですが900個払い出しの10R確変が51%ある

…とまぁこんな感じで、どうあがいても18/k以下だろうというような台となってまして。

打ってみるとそれなりに回って20/kはある様子。

「これは勝ち確wwあざすww」とか調子に乗って打ってましてね。

これは皆さんにお伝えせねば、とボーダー計算の為スペックを調べてみるとどうやら2段階設定らしいです。

通常設定か?黄金設定か?

その差は雲泥の差で、ボーダーにすると下は22.5/kで上は15.8/k。
(注:自分で計算したわけでは無いです。)

約7回転も差があるスペックなのに、黄金設定のみのスペックを台横にぶら下げとくのは流石にどうかと思いました。

馬鹿なの?ヽ(`Д´#)ノ

まぁちゃんと下調べしなかった僕も悪いんですけど、この辺は店側がしっかり整備してくれないとうかつに手を出しづらい状況に。

まとめ

設定で出玉感にメリハリ付けるのは個人的にはアリだと思っています。

また、今回の牙狼GS翔を例に挙げると、牙狼SP発展時やお助け電チュー作動演出時、右打ち抜けのリザルト画面なんかで設定示唆演出があるようですので、設定を使ってくれるお店だと、推測なんかも楽しい要素となってくるかと思います。

ですがその設定の恩恵をぶち壊すようなマイナス調整や、高設定のスペックのみ掲示するスペック詐称もどきなど問題点はなかなか山積みなので、設定付きパチンコを心の底から楽しむにはもう少し時間が必要なんだろうなぁ…って。

…やっぱり最終的には、マイホに騙されたのが腹立つって言いたかっただけになりましたねw