魚群チェーック(笑)魚群信頼度について掘り下げてみます!

2017年5月3日

どうも。

このブログでたびたび取り上げてきた海シリーズですが、打ったこと無かった人も手を出してくれちゃったりしてくれているんでしょうか?

海に慣れていない人にとって、一番イライラするポイントと言えばやっと来た魚群があっさり外れる瞬間でしょう。「海には熱くなれる演出魚群ぐらいしかないんだから外すなよ…。」と思ったりしていませんか?

海のメーカー、三洋の他の機種を見てみると麻雀アニメの咲、GOGOマリンなど演出バランスがおかしいことで有名なものが…。(笑)

ですが、海物語に関しては魚群のバランス調整は非常に素晴らしいです。これから海をこよなく愛してきた僕が魚群の信頼度について掘り下げていきます。

注意していただきたいのが、ただの持論ですので参考程度にご覧ください。前置きが長くなりましたが、お付き合い下さい。

魚群の信頼度について…

わかりやすく一般的な他の機種に例えていきます!

海物語にまだ慣れていない人や、手を出そうか迷っている人にイメージしやすいように、一般的な機種に例えながらご説明します。

まず魚群の信頼度はシリーズ(大海、スーパー海、新海等)とスペック(甘、ミドル)の違いで若干変化します。(雑誌等の解析)

ですが僕が打ってきた中では、機種を問わず魚群単体では約40パーセント程度ととらえてもらっても大丈夫かと。

魚群単体と言うのは、ざーっと流れた瞬間ですね。流れたら5回中2回ぐらいは当たってくれそうぐらいのニュアンスで見ときましょう。

他の機種で例えると、役物が完成し後半SPに突入する直前ぐらいの信頼度です。

今までの魚群のイメージだと、「当たれよ、頼むぞ!」ぐらい必死になっていたかと思いますが、他の機種で後半SPに発展する直前だと「展開次第…何がくるか?」と冷静に見てられませんか?

魚群もそんなもんです。SP発展確定程度に考え展開を見守りましょう。今後は、以下の二点について注目してください。

チャンスアップの有無

これはもう文字どおり、他の機種でもチャンスアップがあるかどうかです。リーチ中のチャンスアップです。

海物語のチャンスアップがどんなものかわからない方もいるかもしれませんが…海モードだと、亀が泳いでたり珊瑚礁がいつもより高かったり、マリンさんの手の間隔が近かったりですね。

他のモードでも似たような感じで、いつもと違えばチャンスアップです。
(基本海モードなので忘れてるものがあるので書きません!><)
これがあればプラス20%ぐらいと考えても良いです。

信頼度60%ということですね。

連打で炎目

次が、炎目の有無ですね。リーチ中のボタン押下(連打)で、ボタンを押すごとに魚たちの目が変化する場合があります。

通常⇒デカ目⇒炎目の三段階です。

僕は通常ならマイナス10%、デカ目でプラス10%、炎目でプラス30%ぐらいだとしてます。

通常目は、他の機種で言う、「緑カットイン」ですね。^^;

チャンスアップがあった場合

通常だと減点のトータル信頼度50%、
デカ目で70%、炎目で90%程度です。

チャンスアップがあっても、通常目だと「あっ…(察し)」となりますが、チャンスアップあり炎目はほぼほぼ当たると思ってもらっても大丈夫でしょう。もちろん確定ではないです。(笑)

チャンスアップ無しの場合

魚群単体の信頼度40%から、
通常だとマイナス10%で、30%。
同様にデカ目が50%で、炎目が60%です。

個人的にチャンスアップが無いと厳しい印象です。

まとめ

いかがでしたか?完全な独自の数値ですので鼻で笑いながら、心の隅に置いてくだされば幸いです。

さて、前置きで言いました魚群のバランスが素晴らしいと言った訳ですが、これ以上仮に信頼度が高かった場合…例えば魚群が出現時点で60%となってしまった場合なんかですね。

海物語の醍醐味であるノーマルビタや、ハズレ後再始動、泡SPでの大当たりが今よりも少なくなってしまうと言うことです。

逆に信頼度が下がれば、何待ちかわからなくなり、メリハリが無くなりなんでも当たるし、何が出ても外れるつまらないものとなってしまいます。

このあたりの調整がさすが、看板機種メーカーさんだなぁと感心してしまった次第です。(三洋さん見ry)

…だいたい魚群信頼度についてイメージしていただけましたか?これを機にあなたが海打ちになってくれるとうれしいです。

長々となんのソース(情報源)もない持論を展開しただけだったにも関わらず、最後までお付き合いいただきありがとうございます。^^;