パチ依存症から抜け出したいなら、真っ先にしておくべきこと

2017年5月25日

どうも。

日頃から、スペックの話だの業界の話だの色々入り混じっている当ブログですが…。

ギャンブル依存症脱却についても考えるブログというのを忘れられていないか不安です。笑

もともと僕自身が「身の丈にあったパチ・スロなら辞めなくても良いじゃん?」というスタンスですのでどうにも色々な話が入り乱れてしまいますね。

この辺の記事(依存症関連)の更新も、早めにしていった方が伝わりやすいですかね?

…と、独り言風前置きになりましたが、今回はあなた自身が「依存症から抜け出したい!」と思った時に真っ先にすべきことは何なのか、語っていきたいと思いますのでお付き合いください。

依存症脱却を決意したら…

家族に内緒を話す

「パチ・スロ依存症から立ち直りたい」という方の多くは、内緒の借金が原因による生活苦から、その決心に至る場合が多いです。

中でも借金が増えた原因として挙げられるのが、最初はほんの軽い気持ちで借金していても、家族に内緒にしていたことで借金の返済が出来なくなり、借金を返済する為にまた違うところでお金を借りてくる、ということ。

僕「ちょっと月末お金がいるんだけど…。」

嫁「いつも月末にはお金って言ってくるけど、一体何に使っているの?」ってパティーンのやつです。

こう言われると、ばれたくないのでその場はあきらめ他所に借りに行くということですね。

この家族に内緒にしておくというのが、後々尾を引いてくることになりますので正直にお話しておくことをおススメします。

最悪の場合(離婚・絶縁等)も考えられますがこれがなければ事態は何も動かないということも考えられます。

ずっと現状のまま、辛い状態で残りの人生を過ごしていくのか?一時の苦痛を覚悟して、事態を好転させるよう奮闘するのか?ですね。

ただ僕自身が運良く、正直に打ち明けた際に最悪のケースにはならなかっただけとも言えますので無責任に無理強いは出来ませんが…。

自身の根底には「家族であること」を維持したかったという想いがあった事から内緒にしてしまった事を誠意を持って伝えることが出来れば、きっとわかってくれるはずです。(ビンタの一発や二発は覚悟しなければいけません。僕の場合はグーでしたが。)

この件に関してはあなた自身でよく考え、どうすべきか答えを出してみてください。

ラスト実戦に行く

ここまで、真面目な話をしておいて「結局行くのかよ!」っという話なんですが。笑

ちゃんと意味のあることですので、これからご説明します。

もし、お金に余裕があるのなら家族公認のラスト実戦を行うべきです。ここで言うラストというのは、「今後一切行かない」というものではなく、パチ依存状態では行かないというものです。
(これについては後日詳しく)

おそらく今までは、少ない軍資金をやりくりし隙を見つけては実戦に行くというのを繰り返してきたことと思います。

そんな中であなたはボロ負けした時何を思っていたでしょうか?

「もう少し軍資金があれば勝てた。」

「もう少し時間があれば勝てた。」

こんなことじゃないですか?

それなら、お金持って、時間の許す限り行っちゃいなよってことです。家族にちゃんと許しをもらってですね。(内緒にしたら意味無いですから…)

何円あろうが、何時間・何日間自由に実戦出来ようがあなたの今の心理状態では結果は変わらないと言うことを思い知る必要があります。

きっと大きく勝っても、全てまた軍資金として、まるで不要な書類をシュレッダーにかけるようにお札をサンドに投入することとなるでしょうね。

まとめ

ギャンブル依存症患者の多くが、パチンコ・スロットに関して幻想を抱いています。

ですが現実は思っているよりも厳しいという事を、自分自身の肌で感じることで痛感し、パチ・スロに対する幻想を打ち砕くことで依存症改善に向けて大きな一歩を踏み出すことが出来ます。

実際にギャンブルに勝利することで生活が変わる、ということは稀なことで結局次の実戦の軍資金に置いておかないと不安で仕方なくなるんですよね?

浮いたお金を有意義に使うことが出来れば、なんら問題は無いんですけどね~。そうはうまくいかないのがギャンブル依存者の特徴とも言えます。

僕自身もお金基準で見るパチ・スロの無意味さに気付き距離を置くことが出来ましたからね。

今は楽しさ基準で見ることが出来ているので自制は効いてます、というか自制心について意識したことなかったですが。それぐらい良好な状態ということです。

  • 事態を好転させるために、家族に打ち明ける。
  • お金目的のパチ・スロの無意味さを知る。

今現在ギャンブル依存症で苦しいというあなたは、この二点について考えてみてはいかがでしょうか?

最後までお付き合いありがとうございました。

仕事行って来ます。><;